収益性
50
活発度
59
人気度
53
収益量
50
投稿量
92
注目度
68

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ572件目 / 全1717件次へ »

初版45万部というニュース他

BSで放送していた横浜VS巨人の試合は、乱打戦だった。

中継は負けている横浜1番石川が、

山口の投球に粘りに粘ってこれから投球15球目、という場面で途絶えた。

 

地上波のテレ朝ニュースに行くと、

ダルビッシュがパーフェクト試合まであと一人という場面だった。

最後になって、股間を抜けるセンター前ヒットを打たれて交代になっていた。

 

「ロング・グッドバイ」を読み終えてしまって、

大沢在昌の書いた「毒猿」という新宿鮫の第2作に移行した。

またまたオモロクって、一気にページが進んだ。

 

昼間のニュースでは、

村上春樹の新刊が予約好調につき初版45万部に急遽、増版となったという。

 

この45万部という数字は、

出版不調の続く今日では悪くない、いやイイ数字だという。

けれど、オイラは内心ホッとするのと同時に、この数字は少ないとも思った。

小さな出版社や、仲卸の倒産が続いているという。

 

野坂昭如の新著にあったように、

日本語がこのまま廃れていってしまうような気がしてきた。

 

英語で書かれていれば、

ちょっと話題になっただけで、一気に1億部近い増刷になってしまう。

引き寄せ系のテーマ本の帯に、そういう数字がセンセーショナルに記載されていた。

オモロクない話だ。

 

1億部といえば、

あの浅見光彦という探偵シリーズを書いた内田康夫が、

やっとこさ叩き出した数字。

サミシイ話だ。

 

電子出版でも何でも、使えるものは使っていって、

横浜の1番石川のように粘っていくしか、

出版業界に未来はなさそうだ。

 

これはミュージシャンにもいえる話だ。

アニメの世界だって日本での先行きは暗い。

だから、使えるものは、何だって使うべきなんだよ。

 

桑田佳祐が小説へ向けた目は、確かだと思うね。

電子書籍にアタリをつけている、明らかに。

奴の嗅覚は、鋭い。。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2013/04/03(22:39)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。