元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ542件目 / 全1683件次へ »

「13号室のない温泉」というミステリー

あー、このネタ、マエストロ掲示板で書いたものなので、

二度出しなのだけれども。

(あれれ、なんか、リモネンさんが来そうなフレーズになっちゃったなw)

 

前話のコメントで「カメダ」が出たし、

もったいないので振っておこう。

因みにこのネタは、『ホンダシビック』や『ルミナック』などと違って、

「1Q84」には採用されなかったが。

どんなネタかというと・・・。

 

実は、「出雲地方の旅館には13号室がない」というネタだ。

どーしてか???

 

旅館でよくあるシチュエーション。

 

女中たちがズーズー弁を話すので、

お客のお見送りの際に声がけすると、

「ズーサンバーサン、オデカケ」

となって、お客が怒り出す恐れがあるからだそうだw

 

★週刊「松本清張」2号

 デアゴスティーニ 552円+税 2009.11.10.発行 P.15より改変抜粋

 また元ネタは、★すぎもとつとむ「方言風土記:雄山閣」からだとされていた。

 

いったい、なんで出雲地方にはズーズー弁が話されているのか?

それこそが、松本清張の「砂の器」に出てくるミステリーのひとネタであった。

 

彼はちゃんと取材をした。

小説の中でもそれが著されている。

当時、日本の中央だった京都地方の言葉が進出したために、地方に残ったという説。

 

オイラが学生の頃、学校もいかんと入り浸っていたあの蒲田で、

不審なふたりずれによるスナックでの会話から周囲にもらされた「カメダ」という地名は、

「亀嵩(カメダケ)」という奥出雲の地名だったのだ。

 

PS:この2号には、森村誠一氏も登場していて、

   松本清張に2度謁見した際の感想が書かれてもいる。

   ホテルマンだった森村氏が、その経験を松本氏に時間をかけて情報提供してあげたというのに、

   2度目の謁見で、えらく冷たくされたので、心底悔しかったと述べている。

 

   そのせいだろうか、森村さんほど優しい作家は、他にいないんじゃないかな?

 

 

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2013/03/23(01:09)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。