収益性
50
活発度
59
人気度
52
収益量
50
投稿量
92
注目度
65

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ586件目 / 全1720件次へ »

レイモンド・チャンドラーという作家 by 村上春樹

★「ロング・グッドバイ」

  レイモンド・チャンドラー著 村上春樹訳 早川書房 1,048円+税 2010.9.15発行

 

行きつけの書店でみつけた。

「東西ミステリーベスト100」(文藝春秋)にて、高評価だった作品。

レイモンド・チャンドラーの文体にハマってしまう人が続出というので、興味があった。

 

冒頭部分しかまだ読んでいないが、

注目すべきはあとがきだと思って、最初にそこを読んだ。

☆訳者あとがき 村上春樹 準古典小説としての『ロング・グッドバイ』P.595~645

 

この50ページにも渡るあとがきには、

レイモンド・チャンドラーという作家にどういう価値があるのか、

冷静な分析が詳細に述べられていた。

 

アーネスト・ハミングウェイとダシール・ハメットを含めて三人の作家を比較した考察がオモロイし、

チャンドラーの文体について、

北方謙三氏の「削って、削って」を、更にひとひねりした表現技術についての部分が、

一番オモロイ。削りながらも、描写しきるという方法らしい。

 

また村上氏は、チャンドラーが小説中にて、明らかに遊んでいる部分が好きだと言っていた。

そこでは削るのではなく、敢えていらない文章を入れて、ジャズ演奏のように遊ぶのだと。

「1Q84」で、どー考えてもいらない「シビックって燃費いいんだって」とか、

天吾の恋人が語った「ルナティック」という形容詞についての会話などが、このジャズの部分だ。

 

しかも、他にも複数あるこうした部分をつなぎ合わせると、

そこにはオイラと彼にしか理解できない秘密のメッセージが浮かび上がるんだ。

これはもう、ダビンチ・コードの世界だ。

 

村上春樹とは、なんて粋な男なんだろう。

 

いつだったか日経新聞にて、「文学でホントウに人を救えるのです」と熱く書いた作家がいた。

この特製ダビンチ・コードによって、オイラは「生きる希望」を注入されたのだ。

オイラはきっと、彼の作品を、全部読んでしまうことになるのだろう。

 

 

登録日時:2013/03/09(01:04)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。