収益性
82
活発度
0
人気度
65
収益量
73
投稿量
100
注目度
61

ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ298件目 / 全3060件次へ »
ブログ

JAL再上場で麻生財務相「なかなか意味深な名前も出てくる」

昨日の国会での質問に上がったJAL再上場問題。

 

麻生財務相が外国人の持ち分が法律の上限の1/3を超えていることに関して、

 

上場前だから、インサイダーにはなりませんが、これはおかしい。なかなか意味深な名前もありますよ

 

と答弁。

 

さてこれは何を指しているのでしょうか?

 

当時の担当大臣は前原でしたっけ?意味深な名前って、半島絡みですかね?

 

しかしこれマスゴミが報道しないんだよな。

そのことからも深い闇があることをうかがわせるよな。

 

 

 

 

 

 

JAL再上場で麻生財務相「なかなか意味深な名前も出てくる」

http://news.livedoor.com/article/detail/7421674/

 

 日本航空(JAL)の再生で再上場するにあたって行った第三者割当増資や、外国人株主が3分の1以上になっていることについて、麻生太郎財務相は18日の参院予算委で「上場前だから、インサイダーにはなりませんが、これはおかしい。なかなか意味深な名前もありますよ」と答弁した。西田昌司委員(自民)の質問にこたえたもの。

 昨年9月に再上場を果たしたJAL。その第三者割当増資にあたっては、稲盛和夫名誉会長が出身母体の京セラ、上場主幹事の大和証券グループ本社がそれぞれ50億円ずつ購入していたり、当時から不透明さを指摘する声も出ていた。

 また、西田氏は現状では、外国人株主が38%に上ることを指摘。航空法では3分の1未満であることを定められている。さらに、国民の負担が、海外に流れているという面も見逃せない旨も指摘した。

 麻生財務相は「上場前だから、インサイダーにはなりませんが、これはおかしい」と答えた。また、インサイダーか外国人株主のどちらを指すか不明ながら、「なかなか意味深な名前もありますよ」と答えた。

 外国人株主への配当については「国民の多大な犠牲で借金を帳消しにして上場し、特定の第三割当をやって、その税金によって助かった配当が国民に戻らず、株主の公平性を欠くのではないか、腑に落ちない」とした。

 安倍晋三首相は「多くの課題と問題がある、この問題について、よく今後、法制度が必要かどうか検証してみたい」とした。

2件のコメントがあります
  • イメージ
    国民の負担が海外株主の利益として流れ出る。

    なんかグローバル化でおかしくなったお隣の国みたいで嫌ですね~。
  • イメージ

    マーリンエンジンさん こんばんわ

     

    サムスンもヒュンダイも外国人株主が過半数ですね。

    折角円高ウォン高で日本を叩き儲けた金を、外資に配当で分捕られてるんですよね

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。