元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ554件目 / 全1667件次へ »

大沢在昌という作家

「新宿鮫」というシリーズが売れた作家だと、

「ミステリーの書き方」という書籍で知っていた。

 

けれど、その作品がヒットする前に、

28冊もの作品が初版で終わり

「永久初版作家」と呼ばれていたという話は知らなかった。

 

★「小説講座 売れる作家の全技術 ~デビューだけで満足してはいけない~」

  大沢在昌著 角川書店 1,500円+税 2012.7.31.初版

 

現実に書籍を出しながら食いつないで行くなんてことは、

非常に困難な話なんだと実感するしかない内容になっているが、

 

それでも何か書いてみたいと想いが失せないのならば、

読むしかないだろう。

 

小説技術だけでなく、

出版業界と作家の現実が、

具体的かつ詳細に記述されている点が今までのハウツー本と違うし、

後者の現実問題の方が重要に思えるし、きっとそこに何かヒントがある。

 

例えば、直木賞を獲ったとして

初版でどれくらい発行書籍ができるのか、

それが売れたとして、どのくらいの金額を手にするのか、

それで食っていけるのか・・・、

といったことが書かれている。

 

いろいろな新人賞をとおして

毎年200人がデビューしたとして、

一年後に生き残っているのがわずか1~2人だという。

 

ところで一方、電子書籍の方では

無料で小説を書く人が増えている。

課金できるチャンネルもあるにはあるが、

閑古鳥が鳴いている。

 

無料でも書きたいという人がいる現実は、

工夫すれば立派なビジネスになるのだと思う。

 

そこでオモロイ小説が生まれたら、

それをリアルな書籍にすることだってできる。

これは出版業界にも、在庫リスクetcメリットがあるので関心はあるはずだ。

もう一工夫すれば強力な舞台が電子書籍に創れるし、やらなくてはいけない。

小説スクールだってもっと大きく繁盛するに違いない。

 

それには何か、もっと強力な仕掛けが必要なのだろう。

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2013/02/02(01:45)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。