ぎっしーさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ79件目 / 全210件次へ »

08.04.03 テルモ頑張れ!

『2008年度 テルモ入社式 歓迎の辞』
代表取締役社長 高橋晃氏のコメントです。

皆さん、入社おめでとうございます。心から歓迎いたします。

◆ 新入社員へのアドバイス

 皆さんに幾つか要望とアドバイスをしておきたいと思います。

 要望は「学び続ける事」の一点です。「学ぶ」とは、単なる勉強ではありません。「活きた勉強」のことです。実際の仕事や生き方に活用できなければ、何にもなりません。その中でも本を読む事は想像力を鍛える最もよい方法の一つです。あるいは体験を通して身につけるなど、多様な方法で力をつける事です。

 テルモには、新人研修を始め、次世代リーダー育成研修など、様々な研修がありますが、基本は自己責任で学ぶ事です。自らに投資して学ぶ姿勢が無ければどんな研修に参加しても意味がありません。そして、学んだことを、必ず次の新たな行動につなげる事です。
 
 学ぶ内容について少しアドバイスします。皆さんがこれからビジネスの世界で、将来リーダーとなるために身につけておかなければならない能力、スキルは大別して3つあります。

1.専門的な知識・スキル(物事を実現し得る能力)
2.コミュニケーション能力(人間関係)
3.コンセプトを構築する力(仮説、戦略)

各々次元が違いますが、いずれも皆さんが今から志していかなければならないものです。

 さて、今日は当社の新しい中期計画のスタートの日でもあります。新しい中期計画のスローガンは、「フェニックス2010:非連続への挑戦」です。フェニックスは神話上の鳥ですが、何百年かに一度巣を焼き尽くしたあと、灰の中からよみがえる力を持つ、永遠の生命を得た鳥です。永続的な成長を望むためには、創造的破壊のプロセスに自ら飛び込む必要があるという意味です。

 医療という分野はやりがいと感動に満ちたフィールドです。我々も自ら生まれ変わるくらいの気概をもって、新しい一歩を踏み出します。

 皆さんも大きな志を持って挑戦してください。新人の役割は、新しい風を吹き込むことです。疑問を素直にぶつける事が組織の活性化につながります。

 ともにテルモの新たな歴史を創っていきましょう。

※人にやさしい経営を目指し、更なる成長を期待!
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    テルモ
登録日時:2008/04/03(13:14)

 通報する

このブログへのコメント

1~4件 / 全4件

  •  通報する

    2008/04/03(21:58)
    テルモの社長さん、良い事いいますね~。

    > 医療という分野はやりがいと感動に満ちたフィールドです。

    ここまで言い切れるんだから。
    私も医療銘柄(テルモではないですが・・・)、もっと積極的に保有しようかと思ってしまいます。
  •  通報する

    2008/04/03(22:57)
    ぎっしーさん、こんばんは。

    私も病院に行くことが多いのですが、そこで目にする医療機器のメーカーは気になりますね。ありがたい機器を作ってくれていると心から思ってしまいます(具合が悪くて心細いときなので特に)。

    私は医薬品セクターは苦手なんですが、医療機器関連企業には株のことはさておいても頑張って欲しいですね。何せ私たちの命を救ってくれるのですからね。
  •  通報する

    2008/04/04(22:33)
    あさっての投資家さん!こんばんは!

    >テルモの社長さん、良い事いいますね~。
    本当ですねぇ~新入社員も気合が入るでしょう!

    やりがいと感動の連続が人も企業も成長させる!と思います。

    いまや、医療品銘柄はデフェンシブとしてよりも新技術や販売網の確保など景気敏感な株の値動きに近づきつつあるようです。外資が狙っているセクターですね。業界再編の思惑も。
  •  通報する

    2008/04/04(22:37)
    ヨッシーさん!こんばんは!

    >そこで目にする医療機器のメーカーは気になりますね。ありがたい機器を作ってくれていると心から思ってしまいます(具合が悪くて心細いときなので特に)。
    この心境、とてもよくわかりますよ。心細いときの強い味方捜し。よ~く観察していると、メーカー名とかきちんと書いてありますもんね。

    >何せ私たちの命を救ってくれるのですからね。
    そーです。万人が恩恵をうけますよね。社会的責任大です。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。