証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

siozukeeeeeeさんのブログ

最新一覧へ

!!! 祝!自由民主党、大勝利!について! !!!

 
12/17の日記です。




サラリーマンなら、「私は自由民主党を100%支持します!」くらいは言えないといけませんね。

そのくらいのおべっかも言えないようでは、まだまだ青いなと笑われてしまいます(笑)




さて、私は今日は仕事明けですが、ブタクサの花粉症が昨日発症しまして、私は他に5月のヒノキの花粉症も持っているのですが、つらいおの状態であります。

12月に済ませておこうと考えていた用事を、今日は一通りやり終えました。

すなわち、スタッドレスタイヤの履き替えと、霜落としのへらをイエローハットで買ってきました。

仕事に明けに、タイヤを積み込んでまた元に戻す作業は一苦労なので、やり終えた後は、駐車場にクルマを止めた後に、車の中で一人飲みを致しました。

いつもはスマホでネットサーフィンしながら飲むのですが、今日は帰宅前で電池が切れかかっていたので、文庫本のウィリアムHマクニールの世界史を読みながら飲みました。

買ってから半年ぐらいたってからの読書であります。

お疲れ様という感じであります(笑)




さて、選挙でありますが、私の応援した未来の党はボロ負けをしてしまいました。

私が応援する政党は大敗するというジンクスは、今回も破られていないようであります!

前回の衆院選で麻生内閣を徹底的に応援しただけのことはあります。




で、民主党の惨敗についてですが、これは天誅としかいいようがありませんね。

よーく反省して欲しいと思います。

私は菅元総理だけは、震災の対応ではパーフェクトではないにしても良く頑張ったなと評価しております。

政治生命はつながったようですので、私もほっとしたところであります。




で、今回の選挙ではっきりわかってきたことは、団塊世代についで人口の多い団塊ジュニア世代が、既得権の側にたっているのがはっきりしたということであります。

自民党支持者はもちろん、民主党支持者においても、話を良く聞くと言うことはみんな一緒。

今いる立場を強化したい、そのためにどの政党を支持するということなのであります。

郵政選挙の頃は、団塊ジュニア世代は革新・破壊者側の立場だったのと比べると、その変化に注目せざるを得ないのであります。

基本的には、何も変えたくないというのが、これからの世論のベースになるような気がするのであります。

第二次安倍内閣の誕生を、前回の安部総理の退陣後に予想したのは、恐らく私だけだと思いますが(どこで予言したか忘れてしまい、とても残念であります!)、安倍次期総理には、この点だけは見誤ることのないようにお願いしたいと思います。

私の予想では、第三次はありませんから、とくかく慎重に、政権運営をお願いしたいと思います。




さて、安心の出来る政治と言うのは、私の感覚ですと、イチイチ国民が参加しなくても、本職の方々が大筋では間違いの無い国家運営をされ、国民はそれぞれの持ち場に励むことが出来る、そんな政治をイメージしていたのでありますが、どうも最近はそういう環境にはないようで、正直めんどくさいと私は感じております。

私は婚活に励まねばならないのに、何で天下国家について考えなきゃならないのだ?と思ってしまうのでありますよ。




でも安倍内閣がスタートからつまづかない様に、少しだけ私の思っていることを語っておこうと思います。




国防軍、及び集団的自衛権について。




私はこのことについては、まず過去の歴史をしっかりと直視することから、始めていただきたいのでありますよ。

これを進めることにより、多くの国民が懸念しているのは、また戦争にこの国が突き進むのではないかということ、その一点であります。




先の大戦を思い返して欲しいのであります。

連合国の情報操作によって、先の大戦では、我が国は朝鮮や中国を侵略し、何十倍も国力のある米国に戦争を仕掛けた愚かで巨悪の国家のように思い込まされておりますが、現実はそうではない。

日本が朝鮮や中国を侵略したのは事実だが、侵略しなければ両国は欧米諸国の植民地になっていたのであります。

このままだとすぐ隣の国まで欧米列強のものとなり、間違いなく次は日本にもその手が及ぶと考え、日本は先手を打って両国に侵攻したのであります。

これは自らを守るためであります。

自国の防衛範囲を国土外に広げることは、先の大戦と同じ状況にあると思うのであります。

米国に対しての戦争もそうであります。

日本は欧米諸国から経済封鎖をされ、石油エネルギーが枯渇し、経済活動が破綻する寸前まで追い込まれたのあります。

これを打開する為に、これも当時は欧米の植民地だった東南アジアを奪取し、その資源確保を図ったのであります。

ただ被植民地諸国への後ろめたさもあったのでしょう、大義名分が必要だったので、大東亜共栄圏という考え方をもって、欧米諸国の駆逐に動いたのであります。

その時に米国海軍に邪魔されないように、真珠湾に停留する米海軍を奇襲攻撃したのであります。

その成果をもって、日本海軍は早期に米国と停戦をする目論見でありましたが、これかなわず、泥沼の太平洋戦争が始まり、最終的には全国で民間人殺傷を目的とした空爆までされ、2発の非人道的兵器・原子爆弾を投下されて降伏したのであります。

我が国には正義がありましたが、正義だけではどうしようもない現実への反省から、我が国は軍事力をもって紛争の解決は一切図らないという誓いをたて、軍事力に頼らない国家運営を進めてきたのであります。




今回軍事力を保持しないという弱みにつけこまれ、中国に国土を脅かされました。

私は中国に対し、彼らは本当に馬鹿なことをしたなと失望しております。

私は改めて中国に、両国にとって最善の選択が、軍事力による尖閣諸島の紛争化なのかを、今一度確認すべきかと思います。

絶対にそうではないと思うのであります。




そして国防軍、及び集団的自衛権に関しては、先の大戦と同じような状況になった場合、どう回避してくのかをきっちりと国民に示すことが必要だと思います。

その為には、まずは歴史をごまかすことなく直視し、国民に伝えていくことから逃げてはいけません。

それが出来ないならば、国防軍、及び集団的自衛権に関しては、私はNO!であり、現状を可能な限り長続きさせ、平和を享受し続けるのを米国から勝ち取るのが、政治家や官僚の務めだと思うのでありますよ。

新興国の成長で、相対的に国力の低下する米国からしたら、日本にも軍事的な負担を求めたいのはわかりますが、それは私は米国にとっても諸刃の剣であると進言したいのであります。

軍事力をゆだねているからこそ、日本は米国の傘下にあるのであって、その縛りが解けた時に、原爆を投下し日本国民を大虐殺し、いまだ謝罪しない国家を、我が国が真の同盟国に選ぶわけがないのであります。

米国はGDP世界第3位の日本を傘下においているから超大国でいられるわけであります。

この事実は、安倍総理の訪米時には、オバマ大統領にぜひ直視してもらいたいものであります。

安倍新総理には、軍事的には支配されても、立場は対等である!という、日本国民の気概を見せて欲しいものであります!




で、今日はジョギングもきっちり1時間ほどやりまして、酔いが残っていたので少々つらかったですが、花粉症の辛さはそれ以上ですので、あまり気にはなりませんでした。

そういうわけで、今日は花粉症発症二日目。

まだ身体が慣れていないので、かなりきついです。

ですので、もう寝ようと思います。




ところで話は変わりますが、、私の注目銘柄「2402 アマナホールディングス」(
http://amana.jp/ )の写真好きの人のためのポータルサイト「IMA」が着々と拡充されておりますね。


先日は写真のセミナー・イベント欄もUPされたようであります。
http://imaonline.jp/ud/event



展示会・写真集・
テレビ番組・コンテストのコーナーのオープンに続きまして、いよいよ写真のポータルサイトの形になってきましたね(笑)





またグループ会社のアマナイメージズ(
http://amanaimages.com/indexTop.aspx )では、ストックフォトのプレゼンテーション利用(社内外への資料作成)のために、超安価な定額制の利用方法を提案しています。

http://presenpic.com/about/





http://presenpic.com/guide/





棒グラフや手書きのイラストを加えただけの資料では、説得感がないとお悩みのあなた。

ぜひご利用いただけたらと思います

こういったイメージの扱い方は、エクセルやワードのように、遠からずビジネススキルの一つになることは間違いないと思います(笑)





そう言えば、私の注目銘柄「2402 アマナホールディングス」(
http://amana.jp/ )は、2Q決算発表しておりますね(笑)
http://www.nikkei.com/markets/ir/irftp/data/tdnr1/tdnetg3/20120803/7lqw21/140120120802089769.pdf





そして株価については、こちらは気長に待ちましょう。
企業が成長すれば、株価もいずれ大きく上がるのですからね。
長期投資優遇優待になっております。
100株を買って、資産株として持ち続ける、これがこの銘柄にあった一番の付き合い方だと、私は思います。
ただもしすでに長期に投資している方なら、100株だけだと少しもったいないような気もしますね?
せっかく良い企業だと気づいたのですからね(笑)

ところで、私の毎月3万円の株式投資 は非常に好調な状態であります。
改めて、投稿日3/3ですので、最新ではありませんが、私の毎月3万円の株式投資のポートフォリオをご紹介しておきます。

https://tagstock.com/#!/snap/siozukeeeeee/entry/1211



ちなみにポートフォリオを投稿したサイトは、私の注目銘柄「2402 アマナホールディングス」(
http://amana.jp/ )のグループ会社、「アマナイメージズ」(http://amanaimages.com/indexTop.aspx )が運営 する写真・イラスト売買サイト「タグストック」(https://tagstock.com/ )であります。





ところで、現在アマナHD(
http://amana.jp/ )のグループ会社、ポリゴンピクチュアズ(http://www.ppi.co.jp/ )が映像制作した「トランスフォーマープライム」(http://www.tv-aichi.co.jp/TF-prime/ )が絶賛放映中であります。
さらに別の手がけた作品も、すでに米国では放映が始まったようでありますよ。
こちらは「トロン: アップライジング」 だそうであります。
http://t.co/jRu3yHda





最初のエピソードも誰かがUPしたみたいです!
http://vimeo.com/42157672





アメリカ・カナダ・スペイン人から成る最強のクリエイティブ陣にPPIが全アニメーション担当しているとのことであります!






さて、話は変わりますが、私の注目銘柄「2402 アマナホールディングス」(
http://amana.jp/ )でありますが、 商品を見ても魅力的なものが増えてきております。

グループ会社のアマナイメージズ(
http://amanaimages.com/indexTop.aspx )で言えば、

革新的なウェブ (ホームページ)制作のパノウォーク
http://amanaimages.com/satsuei/panowalk/index.aspx
音素材
http://amanaimages.com/sound/index.aspx
3D
モデリング 素材
http://amanaimages.com/3dmodel/index.aspx
フォントサービス
http://amanaimages.com/font/index.aspx
画像の売買サイト、タグストックのリニューアル
https://tagstock.com/

などが昨年の出来事であります。
わずか1年でこれだけの新規事業であります。

グループ会社のアマナ(
http://amana.jp/amana/ )で言えば、ワークゼブラをM&Aしております。
http://www.workszebra.com/jp/

グループ会社のアマナインタラクティブ(
http://amanainteractive.jp/ )においては、料理通信社をM&Aしております。
http://r-tsushin.com/

また持ち株会社のアマナホールディングス(
http://amanaholdings.jp/ )は、ポリゴンピクチュアズをM&Aしております。
http://www.ppi.co.jp/

今後の業績が、私はとても楽しみであります。

また株式投資は分散投資が基本ですから、このアマナHDも投資先の一つとして、欠かせない銘柄の一つだと、私は思います。

そして株主の皆様、アマナHDは長期保有優遇の株主優待となっております。
ぜひ末永く保有していただけたらと思います(笑)
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2012/12/18(04:27)

通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+18.4%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

87.7 12.3
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,996.37

▲ +230.90

TOPIX

1,525.36

▲ +12.67

JASDAQ総合指数

118.67

▼ -0.09

米ドル/円

115.28

▲ +1.26

ユーロ/円

121.73

▲ +0.70

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!