COTOSSAさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1041件目 / 全1258件次へ »

100年後の破綻確率6割の記事

今朝の日経朝刊@27面の経済教室には目に留まるタイトルが。
【日本の財政維持可能性の試算、100年後の「破綻確率」6割】

リードの部分では62%と試算されている。100年後は自分は日本で生きている事はないのに、どうして100年後というタイムラインを引いて試算したんだろう??
少なくとも、100年後だけを出すのではなく、50年後とか30年後とか、もう少し現実感のあるラインでの確率も同時に提示しないと、学者の机上論みたいなものに見えて、どうもイマイチ、、、ちょっと詳しく読もうかなという気持ちにはならず。

そして、もうひとつふぅん。と思うのは、特にこの破綻確率が日本の財政という位置で見ているので、実際だと日本全体の財政破綻!とか叫ばれる前に、地方の一部分から財政破綻が順番に起こるのだろうね・・・と思いつつ。斜め読みでやめてしまいました・・・(^^;

やはり、もう少し現実味のある試算とかをしてもらいたい。
このレポートが出て、例えばこれで国会などでの議論が出来るのだろうか?と思ったり。
100年後を考えて動いているのだとすると、今すぐにでも対応すべきことがあっても、その認識が薄くなったりして、やはり制度上は追いつかないことが多くなっていきそうな気がする。。。

因みに詳細なシュミレーション結果はここにあるらしい。一応開いてはみた。。。
http://www.econ.keio.ac.jp/staff/masaya/dl/financialnews/yosoku.pdf


この経済教室の記事があればCLIPPOしようと思ったのにないので、切り抜きかなぁ。。(面倒)
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    経済教室
登録日時:2008/03/26(23:39)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。