☀サインは無限大☀(^∞^)☀さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ762件目 / 全2400件次へ »

沖縄離島で奪還訓練 自衛隊と米軍

沖縄離島で奪還訓練 自衛隊と米軍、11月実施

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121013-00000086-san-pol

 

 

ラッコのつぶやき

 

竹島、尖閣、北方領土

こられ全ての離島問題に、日本は絶対引いてはいけない。

 

これは経済戦争だ。

第三次世界大戦まっただ中なのだ。

 

今の時代もう武力での戦争は容易ではない。

 

今回の離島問題に今後の日本の経済がかかっている。

 

日本は時にアメリカに演出を協力してもらい、

経済戦争に立ち向かう事が最も良いと僕は想う。

 

この日米の合同訓練はたんなる抑止力。

実際に武力戦争に結び付ける様というものではない。

 

『日本は経済戦争に立ち向かうぞ』という意志の表れなのだ。

 

ただ竹島や尖閣などにおいて韓国や中国の軍隊は

多くの日本人を既に殺傷している。

 

だから今後韓国や中国の出方によっては

日本もそれ相応の行動(武力行動)に出ることもやむを得ないということは

日本の国民全員が納得するべきだ。

 

それには憲法の改正も急がれる。

 

コーストガードだけで排他的経済水域を守れというには既に限界を超えている。

 

今、コーストガードの隊員は昔の戦争の突撃特攻隊と同様に、

仕事に出る時家族に今生の別れを決しているという事実を国民がしっかり知るべきだ。

 

唯一原爆を落とされた国日本。

それからすっかり戦争アレルギーになっている日本。

 

それは無理もない事だが

今後の日本の経済を守るために経済戦争に立ち向かうべく用意(軍備とそれに応じるための法律)が必要だという現実を受け入れてほしいと想う。

 

多くの日本人が勘違いしているはずだが、

何か戦争が起こったらアメリカ軍が助けてくれる、と。

 

それは大きな勘違いだ。

 

 

アメリカ軍は自国を守る事で精いっぱいだ。

9.11のテロ以降、戦争で多くの軍人を失い、アメリカでも軍事に対する批判が大きくなっている昨今、

アメリカが痛手を負って日本を守ってくれないぞ。

 

日本は日本で戦うしかないのだ。

 

今回Newsになった『沖縄離島で奪還訓練 自衛隊と米軍』

というのは、単に戦う術をアメリカ軍から教わるというだけ。

 

日本とアメリカが一緒になって中国や韓国と戦うというわけではない。

 

平和ボケ日本人、早く目を覚ませ。

 

 

 

登録日時:2012/10/13(12:02)

 通報する

このブログへのコメント

1~4件 / 全4件

  •  通報する

    2012/10/13(14:41)

    こんにちは

    はじめまして

     

    おじさんなんですが、もう、日本は、ちゃんとして独立国になってほしいものです。

    いつまでも、日米同盟と言っていないで、米国傘下ではなく、独立してほしいものです。

    そうすれば、また、経済的にも、需要が増えるし、世界での立場も変わるかもしれません。いつまでも、アメリカさまさまではね。戦後、もう70年ですからね。

    もう考えていく時期にきているように思いますよ。

    そのぐらい、政治家は、考えてほしいものですね。

  •  通報する

    2012/10/13(14:42)


    お元気そうですね
    日本は異常な夏も過ぎ、過ごし易い季節でしょう。



    御指摘の件 正に 同 感 です。


    第二次世界大戦後 日独伊の三国で 交戦権徴兵制度を認めらるなかったのは 日本だけです。

    憲法は自国民の意識で作るのが世界の最低常識ですね。


    確かに日本の旧軍隊は天皇を神に置き 直接政治を行い

    自国民を今の北朝鮮のように虐げ 結果 何ら世界情勢も鑑みず原爆二発を受け敗戦を導きました。

    当時の中英大使の吉田茂に広田弘毅首相が再三イギリスに仲裁を求めても吉田は動かず、戦後広田弘毅は何ら命ごいせず、業を煮やした、連合国の検事役のアメリカ人が退職して広田弘毅の弁護士を無償でなりましたが、広田弘毅は全て検事の追求を認め、巣鴨プリずんの刑場の露となった。


    日本人は軍人より文官のがサムライと連合国の裁判関係者は高く評価




    戦後 一部の戦争参加軍人以外 あの戦争時を美化する 戦争経験者はいないのでは


    多くの人が栄養失調でなくなっています。

    その一人のある老婆は当時まだ3才の我が子を何ら医師手当もできず

    日に日に衰え ある日

    天国にいくとお腹いっぱい食べられるの?

    と、かすかな笑みをたたえた質問に

    思わず………そうね と答えたそうです。
    一週間後無くなった顔にはかすかに 悲しい笑みがあったそうです。

    このような例は無数にあるでしょう。



    時代は変わりました
    日本は国力も世界のトップグループです。


    国富も同じです。





    世界の独立国の定義は


    国土があること

    国民がいること

    実行支配していること


    竹島 北方領土は実行支配していません。
    尖閣諸島は中国が 世界に通用しない独自のやくざ的言い訳に過ぎない おとぎ話を振りかざしているだけです。国家が指導しています。

    江沢民時代に たしか1000箇所以上作った先勝記念館 小学生から義務でいかせせます。

    児童が皆、嘆き哀しむ残虐な絵画は彼等の心に深く 反日を刻むことでしょう。

    いかに 当時の政権与党の日本の特に自民党、公明党が世界をアジアをバカにして政治をしてきたか

    民主党は 反自民の国民の声のために 政権を取れた 認識がない不幸


    日本人は世界的に評価が大変高いです。
    外国人はよく私に誉め言葉をくれます。


    私は胸を張り

    マスコメディアと政治家を除き


    日本は世界一だ



    日本にも 良い指導者はいますね。

    メディアに頼らず 我々が掘り起こすべきです。


    あまりにも 国辱的なメディアはその広告企業の商品の不買運動をすれば一掃できます。



    今 外務大臣の ギョロ目の玄チャン 韓国をハーグの国際司法裁判所に ツキダスことの ためらいがあるようですね

    もし しないならと
    ロシア 北朝鮮 韓国 中国がチャンス目まち しています。


    尖閣諸島の国有化から ものを言う日本と世界の専門家は見直したはずです。


    本国政府が自国領土を守れないなら

    海外日本人どうやって守れる。


    民主党は全て処理能力に欠ける。

    国民の意志は 連合の左派の意見が 国民の意見と勘違いしたか

    これは 中国の太子党の関係者に聞いた 話だが

    日本の左翼政治家 中国に行き 持ち上げられ いい気持ちで


    女を世話され
    濡れ場を鏡越しに ビデオカメラに 撮られていた とのこと


    いろいろ 秘密も握れている






    中国 韓国 がもし 日本を 日本人を 攻撃したら 憲法を変えなくても 反撃できます

    超法規的処置です
    昔ダッカで16億と囚人を日本政府が連合赤軍に渡した事例の

    法的根拠です。



    私達は今平和な日本に変えれます

    故国です


    あの三才の子供たちの 犠牲の上で 過ごしています。


    未来の あの三才の子供たちを出さないために


    主張します。

    戦争は反対です


    しかし、 狂犬は処置します。
  •  通報する

    2012/10/15(02:44)

    四六のがまさん、はじめまして。

     

    アメリカの風見鶏日本は、おそらくずっと変わらないかもしれません。

    風水でいうところの日本から見た鬼門の方向はアメリカで、

    日本は鬼門に位置するアメリカを疎かにしては良い事がないそうです。

     

    中国でも日本でも古来から風水に習っていることが多く、

    いろんな文献を読んでいると、僕もなるほどと頷ける部分が多いです。

     

    すべてがアメリカ依存ではいけないと想います。

    敗戦国という劣等感ももう捨てるべきだと想います。

     

    ただ、アメリカとは上手く付き合えるに越した事はないように僕は想えます。

     

    メッセージをありがとうございました。

    また遊びに来て下さいね。

     

    らっこ

  •  通報する

    2012/10/15(03:00)

    はやぶさの目さん、こんばんは。

     

    色々な長文をありがとうございました。

    知らなかった事をリアルに知る事が出来ました。

     

    過去に起きた戦争はどの国も悪い。

    いってみればお互いさまです。

     

    過去の事をいくら振り返っても全ての国が納得できる形で解決(納得)する事はないでしょう。

     

    悲惨な過去は再び起きてはいけません。

     

    戦争は全て無駄に終わります。

     

    各国の武装は戦争を起こすという前提のものではなく、

    抑止力にすぎません。

     

    資源も少なく食糧自給率の低い日本は欧米などに牙をむいて良い事は何もないでしょう。

     

    ただ資源の少ない日本ですから、食料自給率の恐ろしく低い国ですから、

    排他的経済水域は守らねばなりません。

     

    そのうち日本の領海から原油が出るようです。

    レアメタルもそのうち中国も輸入する側にまわるでしょう。

     

    だからこそ今、憲法の改正を急いでほしいです。

    日本の領土に中国や韓国が上陸して戦争を起こす事はまず無理でしょう。

    中国の空母はお話になりません。韓国軍の上陸も長期戦で戦うには

    物資を日本に十分に送る事はまず無理でしょう。ですから守るべきは

    排他的経済水域ですね。

     

    日本の将来は環境汚染を食い止めるだけで未来が明るくなりません。

    資源を守る事、防衛策をもっと考える事、とても重要だと僕は想います。

     

    ラッコ

     

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。