証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

古典超訳の元祖? ぶっ飛び枕草子

今まで古典にとんと縁のなかったオイラは、

「うた恋い。」にハマってからというもの、

清少納言のファンになってしまい、

枕草子関連本を探していたのだった。

 

エコシステムのCDを入手したとき書店にも寄ってみたら、

いつものようにあっさりとめぼしい書籍が目に入ってきた。

 

★「桃尻語訳 枕草子 上」

  橋本治著 河出文庫 770円+税 1998.4.3.初版 2012.6.30.第13刷

 

まず驚いたのが、なんと13刷という事実。

どこかの学校がサブテキストにでも使用しているのだろうか?

 

1948年生まれの著者は、東大文学部卒。

彼に言わせると、清少納言の原典を読んでそれを正確に現代語に訳そうとすると、

どうしてもこう訳さざるを得ないのだと。

 

**************************************************

春って曙よ!

 

だんだん白くなってく山の上の空が少し明るくなって、

紫っぽい雲がなびいてんの!

 

夏は夜よね。

月の頃はモチロン!

闇夜もねェ・・・・。

蛍がいっぱい飛びかってるの。

あと、ホントに一つか二つなんかが、ぼんやりポーッと光ってくのも素敵。

雨なんか降るのも素敵ね。

*******************************************************

以上、同書P.25より抜粋。

 

この書籍はこのように、ぶっ飛んだ訳になっているのだが、

プロがそういうのだから、素直に受け取って楽しめる器量のある人にはお薦めだ。

 

しかも合間にはとても詳しい注釈があるのだが、

何故なのかその注釈も、著者はぶっ飛んだ清少納言に語らせているところが心憎い。

 

*******************************************************

[註] ・・・(略)なにしろ平安時代ったら十二単だからさ、着物っていうのはみんな”重ね着”なのよ。何枚もね。そんでさ、着方がそうだから、着る物の”色”だっていうのもさ、色のついた布地を何枚も重ねるのね。たとえばさ、表地を白にしてその裏に黄色のきれを持って来るとするでしょ。そしたらさ、全体で重ねた感じがクリーム色になるでしょ?そういうさ、布地の透き通った感じで”色”っていうものを表現してたのね。凝ったことしてるでしょう。金のかかることしてるでしょォ。なにしろ”貴族”なんだもん、そういう高級な着方して生きてたのよォ。でさ、そういう色のコーディネーションのことをさ”襲色目(かさねいろめ)”って言ってたの。だからさ、”桜の直衣(のうい)”って言ったらばさ、その”桜”は襲色目の名前なのね。別に桜のプリントがしてある訳じゃないの。表が白で、裏が紫か、じゃなかったら赤---こういうのを”桜の色目”って言ってさ、素敵な公達がそういうジャケットを着てるってことよ。どんなに素敵かわかるでしょ?・・・(略)

**********************************************************

以上、同書P36より抜粋。

 

けっこう説明が詳しいので、思わず勉強になってしまう。

こうした註で、道長と伊周、彰子と定子、紫式部と清少納言の関係も、

伊周が逮捕・遠島される情景を述べるときにリアルに描かれており、

ただの翻訳を読むのとはわけが違う。

もちろん他にも平安時代の風俗がてんこ盛りだ。

 

なるほど13刷も増刷されただけのことは大アリな、隠れた名著なのであった。

これも京都ファンなら、黙って読むしかないだろう(笑)

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2012/09/28(00:54)

通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  • 通報する

    2012/09/28(02:00)

    こんばんは。

    何か現代の若手の作家が脚本した様な最近の表現にも見えますね。

    書店に行った時に見てみます。

    本当にこの内容なのでしょうか。

  • 通報する

    2012/09/29(01:42)

    どーもです。

     

    ええ、ホントウにこの内容なのです。

     

    巻頭に著者から読者に対して前ふりが書いてあり、

    著者の枕草子訳に対する真摯な思いが、

    面白おかしく、しかし本質をついて見事に表現されています。

     

    また、清少納言の時代には、

    文章に句読点もなにもなく、

    ただつらつらと文字が繋がっている文章形態となっており、

    それがすなわち、口語表記であると推察していました。

     

    ★「ごく平凡な私が全米記憶力チャンピオンになれた理由」

      ジョシュア・フォア著 エクスナレッジ 1,800円+税

    という書籍の中でも、

    ギリシャ時代などの古典の文書形態について書かれている箇所があるのですが、

    やはり句読点も何もなく、読み手によっては区切りがあいまいとなって

    意味が判読できなかったり、異なったりすることがあったようです。

     

    こちらでは、「だからして昔の文章は口語表現」という言及はないのですが、

    可能性としては口語表現である確率は高いのかもしれません。

     

    文字がなかった時代には、

    きっと口語しか存在しなかったはずなので、

    理にかなった推察だと思います。

     

    口伝伝承しながら必要に迫られて文字が開発された。

    そしてやがて文章が生まれて進化していった。

    当たり前のようでこうして気づかされてみると、

    ワクワクしてきます。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+9.7%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

75.0 25.0
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,426.08

▼ -87.04

TOPIX

1,477.98

▼ -5.29

JASDAQ総合指数

118.92

▼ -0.75

米ドル/円

113.47

▼ -0.64

ユーロ/円

121.09

▼ -0.54

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ