元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ635件目 / 全1680件次へ »

正しくないけど役に立つ60のヒント

悩みのない人間なんて、

一人もいないと思うけど、

その悩みの対処法を誤ると、

人生なんてあっという間に坂道を転がり落ちる。

 

行き詰った時には、

視点を変えてみるということが、

創作活動のみならず、ビジネスや人間の悩みにも光明を与えることがある。

 

その視点を変えるためにも、

「正しくないけど」という角度から物事を攻めてみるのは、

一興かと思われる。

 

★「生きる悪知恵」

  西原理恵子著 文春新書 800円+税 2012.8.25.第四刷

 

1 70社受けてもダメ、出口の見えない就活に疲れ果てました

  → 西原はエロ本から仕事を始めたのだ。

    ステップアップしながら「横入り」という方法だってあろう。

    どこも雇ってくれないなら、チャンスだと思って好きなことだけやっておけ。

 

2 作家生活も24年目に入ったのだが、どーしたら西原のようにモチベーションを保てるのか

  → 「借金があること!」 それも1億4千万円。+西原のヘタウマ肖像画


オイラが最初に西原を知ったのは、

雑誌の近代麻雀で「麻雀放浪記」という笑えるマンガが初めだった。

人を笑わせることがうまい人間というのは、

実はピンチを打開する強い力を、そもそも自身に秘めていると思われる。 

普通の人とは視点が違うからこそ、面白いことが描けるのだろう。

 

この書籍には描かれていないけど、

西原は為替FXで4,000万円ほど負けた経験があるらしい。

専門家のいうことを聞いて相場を張ったがダメで、さらにナンピンして爆死したらしい。

雑誌で金子という学者と対談していたのを読んだことがある。

 

さらに映画にもなった故・旦那は、超のつく酒乱なのであった。

オイラの父親もそうだったが、酒乱というのに

まともに付き合ってしまうと、いつか怒りが爆発して尋常沙汰になるのが必至なので、

そのあしらい方をしかと心得ていないと、この娑婆にいることはできないのであった。

 

西原という女の凄さ・秘訣は、

悲惨な物事を笑いという視点に変えてしまう点が、第一なのではないか。

 

なので、どのようなアドバイスをするにも、

何かユーモラスで、また人を和ませるし、人の心を苦しみから解放させてしまうのであった。

 

この女、既に赤塚富士夫を越してしまったのかも知れない。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2012/09/06(13:16)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。