ニッパチの星さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ217件目 / 全340件次へ »

解決方法があるかもしれません。

今いじめが問題になっていますが、その解決方法を、野田総理大臣自ら国民に教えてくれるかも知れません。
いじめも色々あります。堂々と相手の弱みに付け込み、何度も何度も同じことでいじめる。
目標が達成できないように妨害して、目標が達成出来ないといじめる。
一見正義感があるように思わせるいじめ。(マスコミ?)
陰湿ないじめ。 等々
昨日の野田総理と岡田副総理はマニフェストに関し責任を他人のせいにせず立派でした。まだまだ余裕です。頑張って頂きたいと思います。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2012/07/19(05:07)

 通報する

このブログへのコメント

1~5件 / 全5件

  •  通報する

    2012/07/19(16:19)
    国会審議、自民党は完全に浮いてしまった様に思います。
    国民の支持を得るためには、「いじめること」から卒業され、前向きな提言と自己PRへの方針転換が必要だと思います。
    仮に今後再度自民党が政権を取られた場合も、国会のねじれは避けられないものと考えられます。その時、野田政権と同様の立場になると思われますが、「現状のいじめ」状態に耐えられますか?
    後ろ向きないじめ材料はいくらでも出せます。
  •  通報する

    2012/07/20(08:29)
    野田政権は福島さんが言うように遠心分離機かもしれない。
    未熟で軽い悪いものを除去し、良いものを取り入れ濃縮しより良くする。
    みんなの党は方針転換か?
  •  通報する

    2012/07/22(06:51)

    昨日のNHK21:00-22:00の福島原発事故の検証に関する放送を見て、安心しました。ほぼ私が想定していた通りでした。
    原発事故の原因は大震災と津波の発生に加え、安全神話による、設備上の問題、危機管理対応能力不足、危機対応用備品の備えが無かった。等の複合要因だと思います。
    私は車を運転しませんが、車で例えると、40年前の車を、親の運転を見て、運転だけは見よう見まねで出来るようになった小学生が坂道を上り、下り坂でブレーキが壊れたようなものだと思います。

    結論、福島原発事故が再発することは、限りなくゼロに近く、日本国民の国益を考えた場合、大飯原発再稼働は妥当だと思います。

  •  通報する

    2012/07/22(12:03)

    現在一見マスコミは野田政権を全面批判しているように見えますが、実際は現状の国内外の情勢を考慮すると、妥当だと考え支持しているものも多くあるようです。
    最大の問題は説明不足のようです。政府は解りやすい言葉で根気強く、何度でも、国民が納得するまで説明する努力を惜しまないことが重要だと思います。
    また、現状のマスコミ報道は政府方針に反対意見のみですが、公平に賛成の方々の意見も報道すべきだと思います。

    少なくともNHKは賛否両論の意見を報道すべきです。

    マスコミは意図的に政情混乱させるようにしているように見えます。
    直近の原発デモが雨天のせいか半減?したのは一切報道せず、その前の週の主催者発表17万人を強調していました。この様な出鱈目は長くは続かないものと考えます。
    追伸
    平成の家康こと野田首相、政府、日銀の今後の対応に期待したいと考えます。

  •  通報する

    2012/07/22(16:07)
    日本株は下落していますが、個人の信用買いが多くて急上昇した株が急落するのと同様に、現状のように空売りが多くて下落した株は何かのきっかけで急上昇する可能性が高いものと考えます。

    私は先週買い増した為、余裕資金が少なく静観ですが、現状は底値圏であることから、多数回に分けての押し目買いが有効だと思います。一度や二度での買は胴元やセミプロの方々が許してくれません。

    金融危機の兆候が出た場合は世界各国の政府が協調し、大胆な対策を出すものと思います。

    現在だぶついた(投機)資金は一部の商品や株の空売りに向かっていますが、長続きしないものと考えます。日本では今後確実にデフレからインフレに移行し、貯蓄資金は投資資金に向かう為、日本株はほぼ確実に上昇すものと考えます。

    案外、北朝鮮の方針転換(兆候有)等によるアジア圏の見直しにより急激に好転する可能性もあると考えます。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。