☀サインは無限大☀(^∞^)☀さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1406件目 / 全2400件次へ »

第二第三のエルピーダが出て来る可能性は高い

>“日の丸半導体”の破綻は、政府の産業政策が頓挫したことも意味する。

>今3月期決算では電機業界を中心に業績の大幅悪化が目立っており、第2、第3のエルピーダが現れる恐れも否定できない。

 

景気回復の目安はまず日本製鉄の株価上昇というのは大昔の話で

やはり半導体の業績が好転しない事には

日本の経済の回復は見込めないだろう。

 

エルピーダが手がけるDRAMなどの半導体はことごとくサムスン電子など韓国勢の後塵を拝しており、日本勢の技術的優位性も失われた。

 

例えば良いものを作ったとしても人件費が高いので

必然的に価格も跳ね上がる。

 

売れるとなるとどこもかしこも同じ分野に参入し、

やがては液晶パネルや太陽電池のように価格破壊に陥り赤字がかさむ。

 

物作り日本の神話はとうの昔に崩れてしまったのだ。

 

新しい製品を次から次へと作っては不具合があるかどうかもろくに調べずすぐに売る。

欠陥は消費者の声が集まってからリコールを大量に出す。

 

高い冷蔵庫も洗濯機もテレビも5年経つとガタが来る。

 

昔の日本の機械製品は長持ちしたが今は欠陥だらけ。

 

これから日本は無能な政権の下で

どう巻き返しを図るのか。

・・・今の面々を観る限りでは絶望的かも知れない。

 

SNSやゲーム関連がいくら好業績でも

日本の経済の救世主にはなれない。

 

どうなって行くのか考えると気が重くなるばかりだ。



 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2012/02/28(02:10)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。