収益性
54
活発度
54
人気度
52
収益量
51
投稿量
94
注目度
62

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ757件目 / 全1738件次へ »
ブログ

文藝春秋(芥川賞二作)の書評の書評

TVでみた田中慎弥氏の受賞に対する受け答えが面白かったので、

それはひょっとして、文藝春秋の戦略なのではないか?

などと疑ってもみたものの、どうしても気になるので文藝春秋(2012.3)を買ってみた。

 

審査員が何をみてどう評価しているのか、知りたいという思いもあった。

なので最初に書評から目を通したのだが、これもけっこう面白いものであった。

 

お気に入りは、次の三点。

★「選評」 山田詠美氏

★「あらゆる猫」 川上弘美氏

★「自我の衰弱」 石原慎太郎氏

 

特に石原氏による書評は、まことに惨憺たる内容となっており、そのこきおろし方が実に面白い。

川上氏の書評は、それ自体が書評というより小説めいていて、しかもチャーミングだ。

山田氏のそれは、ほとんどその辺にいるオバちゃんのような、まるで屈託なく率直な物言いが、

実に爽快で笑えてしまう、「そこまで言うかっ!」という内容になっている。

 

プロの人たちが、プロを評価(ほとんど酷評)して、それがきっちりと文章になっている。

普段は読まないせいなのか、それがとても新鮮に思えた。

日常、新聞でみる書評は、売るための書評となっていることが多いせいだろうか。

 

で、肝心の受賞作は・・・などと素人のオイラが書いたってしょーもないので、

文藝春秋に掲載されていた他の記事を紹介してみたい。

 

★日銀総裁「欧州危機と日本経済を語る」白川方明

★予言の書「日本の自殺」再考 グループ一九八四年

★経営者・消費税大論争「反対」ゼブン&アイHD 鈴木敏文

★政界激震の選挙予測 三浦博史

★年金・公務員改革で消費税は不要になる 浅尾慶一郎

★おんなが「性的逸脱」を描くとき 瀬戸内寂聴×村山由佳

 

さっ、文藝春秋(890円税込)はいらんかえ~♪

 

PS:最後にあげた瀬戸内さんの話は・・・(本怖)

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
2件のコメントがあります
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。