映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ187件目 / 全1046件次へ »

ダウ大幅反落

8日の日経平均は8664.58(-57.59) 雲の下 基準線 転換線の上 ボリンジャープラスσの下 MACD RCIは上昇。雲の下限で抑えられ、十字足となって煮詰まっているが、基準線が下降しており、窓を埋めに戻すように下はなれる可能性が高い。

ダウは12001.00(-195.37) 雲 転換線、基準線11744の上を維持。ボリンジャー TP11868の上 MACD RCI頭打ち。目先上昇基調を維持しているものの、直近高値、週足雲の上限12273を抜けられずに下落。ダブルトップになってしまっており、上値が重く、いったん下値をさぐる動きになる可能性がある。

ドル円は77.68 雲 77.55のすぐ上基準線 転換線 の下ボリンジャー TP77.53のすぐ上 MACD RCIは下落。かろうじて節目を保っているが、雲も薄く、煮詰まりつつある。

ユーロ円103.67 雲 基準線 転換線の下 ボリンジャー  マイナスσのすぐ上 MACD RCIは頭打ち。じわりとユーロ安に動いている。

ECBの追加利下げにもかかわらず、ドラギ総裁が国債買い入れ拡大に消極姿勢をみせたことでダウは大幅反落。EUの首脳会議についても、イギリスが反対の姿勢を示しており、EU条約の改定はかなり難しく、ユーロ圏だけでの条約になる可能性も高い。イギリスは主権を譲り渡すときには国民投票をするように法律が定めており、EUに懐疑的な保守党の議員も多く、キャメロン首相は譲歩しにくいであろう。VIX指数は再び30台にのっており、イタリアの国債は6%台半ばにある。

ECBは、財政同盟に道筋をつけ、ECBが大きく関与するプランBを回避したいと思っているようだが、政治とECBが責任を押し付けあっている間に、危機は進化しかねない。財政緊縮だけでは、成長は望めず、税収減、財政悪化の悪循環にいったんはまり込むと、なかなか抜けられなくなる。市場の予想をこえるような大胆な手を打っていかない限り、ずるずると悪いサイクルにひきずりこまれてしまうのではないか。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2011/12/09(06:40)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。