収益性
63
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
49

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2042件目 / 全3620件次へ »
ブログ

2011年7月26日(記録のみ)

日経平均 ; 10097.72 (+47.71)
TOPIX ; 866.20 (+4.29)
JASDAQ指数 ; 1289.79 (-3.62)
マザーズ ; 483.32 (+1.30、2日続伸)

続いて火曜日。ドル円が一時77円台に突入するも、アジア株の上昇に乗って反発と。まだこの辺までは、強い動きだったという事ですかね。

-------------------------------

日経平均47円高、先物主導で買い戻し加速=26日後場
7月26日(火)15時20分配信 モーニングスター

 26日後場の日経平均株価は前日比47円71銭高の1万97円72銭と反発。香港ハンセン指数などアジア株が上昇するなか、先物への断続的な買いを支えに上げ幅を拡大。一時1万130円まで上昇した。ドル・円は乱調展開が続いたが、ユーロ・円が落ち着きを取り戻したため、主力株を中心に堅調に推移したが、引けにかけて伸び悩んだ。東証1部の出来高は16億4113万株。売買代金は1兆830億円。騰落銘柄数は値上がり939銘柄、値下がり543銘柄、変わらず184銘柄。

 明和証券・シニアマーケットアナリストの矢野正義氏は「午前中にドル・円が77円台に突入したときに売り仕掛けがみられたが、午後になっても株価が底堅く推移したため、買い戻しが流入したようだ。市場の関心はマクロからミクロへ移っており、外部環境よりも各企業の決算が気になっている。米国ではS&P500のうち、140-150社の決算が発表されたが、そのうちの8割が予想を上回っている。決算発表シーズンには上値を追う動きもみられないだろうが、業績が下値を支えてくれるだろう」と指摘している。

 業種別では、伊藤忠 <8001> など商社株が買われた。住金 <5405> など鉄鋼株や、三菱マテリアル <5711> など非鉄金属株も堅調。三菱UFJ <8306> など銀行株も継続物色され、大和証G <8601> など証券株や、T&DHD <8795> など保険株、クレセゾン <8253> などノンバンク株も引き締まった。JR東日本 <9020> など電鉄株もしっかり。個別では、12年3月期連結業績予想を開示した信越化 <4063> が一段高。12年3月期連結業績予想を上方修正した花王 <4452> なども買われた。値上がり率トップは日産東HD <8291> 。

 半面、中部電 <9502> など電力株は下押した。三井不 <8801> など不動産株もさえない。12年3月期連結業績予想を下方修正したタカラレーベン <8897> も安い。住友ゴム <5110> などタイヤ株も軟調。ツムラ <4540> や、主力大証のロート <4527> など医薬品株も下落した。公取委の強制捜査が嫌気された日精工 <6471> 、NTN <6472> 、ジェイテクト <6473> 、不二越 <6474> の4社もそろって売りが優勢となった。なお、東証業種別株価指数は、全33業種中、24業種が上昇した。

-------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。