WEBさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ157件目 / 全204件次へ »

現状把握 明日の株価

今現在、私の予想を大きく上回る下げを見せてくれています。
日本だけではなく世界が下げています。

最近強かったユーロ、ドイツ、オーストラリアも悪材料出して下げ、新興国のインド中国も大幅の下落。

今為替は落ち着いてきましたが、依然株価は安値圏で推移中です。
これは海外各国がアメリカの救済策に失望したから、ということのようですが、実際経済に16兆円もの資金が投入されるのですからそれだけで大幅下落というのは個人的には考えものです。

なので、これは期待下げでしょう。
つまり「もう政策打ち出した後だから、今後しばらくは強い好材料は出てこないだろう」という失望感からの売りなんじゃないかと思っています。
多分アメリカはなんとしても景気後退やリセッションを食い止めたいという思いが強いのだと思いますが、市場関係者は今回の政策後「アメリカの景気後退確率は50%」と言っているらしいです・・・。

今回の政策で確かに私自身「救済策の限界」というものを感じましたし、今回の政策で景気後退に歯止めがかかるかどうかと言われれば、恐らく厳しいのではないかと思っています。ただ単にアメリカ国民全員救済策なので、格差が広がるだけなのです。
しかしこれは一方で非常に妥当な政策であり、「ベストな政策でも景気に対しての期待効果は(まだ出ていませんが予想で)こんなものか」という思いです。サブプライム問題が長期化するという理由が分かったような気がしました。

そういうものをトータルすれば、今回の下げはまあ一応理解出来るレベルではあります。
それと後場荒れるのは仕掛け買いやら仕掛け売りがあるからですが、それと同時に中国の株価動向に影響受けてますね。
どちらが先に動くのかは分かりませんが、若干連動している様子。


それでは明日の株価についての予想です。
CMEではすでに日経平均13000円割れてます。

中国株の後場の下げやインドの大幅下落が影響しているのでしょう。
それにつられてアメリカ株も先物ですが下落しているとか。
第二次世界同時株安です!

これといった好材料も出ないし、出る気配もないので、今日と同じく買い勢力がほとんどない閑散とした市場になると予想します。
前場安ければ後場寄りつき後上げ、逆に前場高ければ後場寄りつき後下げ予想で張れば勝ちやすい展開は多分変わらずだと思います。
私は株取引よく分からないので、やはり傍観(´・ω・`)

FXについては、今回のアメリカ政策見て底値から好転してもすぐに急上昇するとは思えないので、安心して円買いポジション作れます。
ああ、これも今回の円高要因かもしれませんね。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    勉強
登録日時:2008/01/21(22:11)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。