天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2080件目 / 全3551件次へ »

2011年4月5日(記録のみ)

日経平均 ; 9615.55 (-103.34)
TOPIX ; 847.16 (-12.59、3日続落)
JASDAQ指数 ; 1220.02 (-15.66)
マザーズ ; 437.38 (-12.43、3日続落)

本日も記録のみ。持ち株が結構な下げを食らっていましたが、特に材料が出たわけでもなく、震災を境に完全に需給バランスが崩れてしまいましたね。次に上昇する時は何がきっかけになるんでしょうか!?まずは5月の決算発表に期待するしかないか。。。

-------------------------------

日経平均103円安、引けにかけて下げ渋る=5日後場
4月5日(火)15時22分配信 モーニングスター

 5日後場の日経平均株価は前日比103円34銭安の9615円55銭と反落。先物への断続的な売りに押され、下げ幅を一時150円超に拡大した。東電 <9501> がストップ安を付けたことで心理が悪化したとの見方や、10年国債の入札好調で、株先売り・債先買いを指摘する声もあったが、引けにかけては買い戻され、やや下げ渋った。東証1部の出来高は26億1850万株。売買代金は1兆5335億円。騰落銘柄数は値上がり148銘柄、値下がり1489銘柄、変わらず33銘柄。

 しんきんアセットマネジメント投信・投信グループ長の藤原直樹氏は「上昇が一服した。積極的に売っている雰囲気ではないが、買い手からすれば、割安感のない水準。そもそも企業業績の先行きに不透明感が強く、どの水準が割安なのかも正確には分からない」との見方を示している。一方で、「さらなる円安の進行や、与野党の大連立の話などが出てくれば、株価にはプラスに働くだろう。製造業の活動が本格的に再開されれば好材料だが、個人的には悪くないペースで再開されていると思う」と指摘している。

 業種別では、ホンダ <7267> など自動車株が下落。クレセゾン <8253> 、プロミス <8574> などノンバンク株の下げもきつい。東海東京 <8616> 、岩井コスモ <8707> など証券株や、第一生命 <8750> 、SONYFH <8729> など保険株も下押した。国際帝石 <1605> や、JX <5020> など石油関連株もさえない。日水 <1332> 、マルハニチロ <1334> など水産株も停滞した。商船三井 <9104> など海運株も軟調。大成建 <1801> などゼネコン株も安い。なお、値下がり率トップの東電 <9501> は約59年ぶりに上場来安値を下回り、ストップ安となった。

 半面、住友ゴム <5110> などタイヤ株は頑強。カルビー <2229> 、JT <2914> など食品株の一角も底堅く推移した。個別では、大型蓄電池システムの開発が報じられた新神戸電 <6934> が堅調。東北地盤のマンション分譲を展開するサンシティ <8910> や、高所作業車などを展開するアイチ <6345> なども高い。なお、東証業種別株価指数は、全33業種中、31業種が下落した。

-------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2011/04/05(23:59)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。