瀬谷空悠太郎さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ405件目 / 全525件次へ »

寄り付き前予想

昨日の米国市場は、下落してスタートしたものの大幅反発。バーナンキFRB議長の講演での発言を受け、次回FOMCで大幅利下げが行われるとの見方が強まった。バンカメによる住宅ローン最大手カントリーワイドへの買収交渉が報道されたことで株価は強さを見せた。
本日の日本市場、米国の流れを受けて上昇してのスタートを予想。本日は1月限オプションのSQ日となるため、それを上回れるかが注目となる。上回れない場合、上値抵抗となり、下降気味の株価が予想される。逆に上回れば、目先の上昇が期待できる。
本日は反発後、揉みあうと予想。
/─。

NY株式10日(終値)
ダウ平均   12853.09(+117.78 +0.92%)
S&P500    1420.33(+11.20 +0.79%)
ナスダック   2488.52(+13.97 +0.56%)

CME日経平均先物 14505(大証終比:+135 +0.94%)

寄り付き前の外資系証券注文動向は株数ベース、金額ベースとも売り越し。金額ベースの売り越しは小幅なものとなっている。
目立った買いは、電機となっている。

最近、テレビや新聞では不動産の話題が多い。不動産銘柄はだいぶ売り込まれているため、注目されるころか。個人的な予想だが、買収や再編などの話題も出てきてもおかしくないと思う。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    寄り付き前予想
登録日時:2008/01/11(08:31)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。