映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ387件目 / 全1047件次へ »

ドル買い戻し続く

11月15日の日経平均は9827.51(+102.70) 雲、基準線、転換線上、ボリンジャーはプラスσ上、MACD RCIは頭をまるめつつ上昇。上昇基調を維持しているがなお10日の始値、11日の高値には届いていない。週足も下向きの基準線の上にでてきているが、週足遅行線が現値と衝突する水準にあり、分厚い抵抗を受けているところ。ここを抜けられると週足雲の下限12000水準が視野に入ってくるが、週足ボリンジャーはプラスσでバンドが広がっており週足MACDも上昇しているので、抜けられる可能性も期待できそうだ。

ダウは11208.00(+15.42)雲の上だが、転換線の下、基準線11172のすぐ上、ボリンジャーはTP11179をかろうじて上回っている。MACD RCIは頭をうっている。なお上昇基調をかろうじて維持しているものの、勢いを失いつつあり、一服に入るかどうか微妙なところ。

ドル円は83.15雲の下だが、転換線の上、基準線81.63を大きく抜いてきている。ボリンジャーはプラス2σ82.54もこえてきており、バンドが広がりつつある。MACD RCIは大きく上昇中。目先は上昇基調に転換、週足は週足転換線83.00の近辺で抵抗が分厚いところだが、なんとか上に抜けつつあり、このまま上に抜ければ、日足の雲の下限84.30をめざす動きになるかもしれない。週足の基準線は86.54とずいぶん上にあるので、中期的には買い戻しに過ぎないが、週足MACD、RCIは底打ちしており、しばらくはドルの買い戻しが進みそうだ。

アメリカでは、小売売上が予想を上回っており、雇用や住宅はまだはっきりした好転のきざしはみえないようだが、アメリカ経済の回復期待が膨らみつつあるようだ。長期金利(10年もの国債)も、転換線、基準線の上、雲の上限2.72を上に抜けて3%にのせつつあり、ドル円ではドル買い戻しが続いて円安方向にすすんでいる。GDPのプラスは、猛暑効果で一時的なものと思われるが、円安の動きが続きそうなので、マイナスに落ち込みそうな輸出にも勢いがでてくることが考えられ、東京には追い風だ。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2010/11/16(06:25)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。