siozukeeeeeeさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1755件目 / 全2597件次へ »

私が今朝、最も注目したニュースはこれだ!

異例の世界へ!日銀が国債買取!

「包括緩和」日銀総裁が命名 国債買い入れ基金は「異例」とクギ

2010.10.5 17:02

 日銀の白川方明総裁は5日の金融政策決定会合後に記者会見し、事実上のゼロ金利の復活や国債などを買い取る基金創設による追加措置について、「包括緩和だ」と命名した。その上で、「パッケージの政策によって緩和効果を最大限増やしていきたい」と述べ、その狙いを説明した。

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/101005/mca1010051702020-n1.htm

ついに山が動きましたね!
ただ動いた距離は、1センチメートルくらいでしょうか?(笑)
自然現象でも、例えば地震でも起きればもっと動くよとの声も、聞こえてきそうではあります。

3.5兆円の国債買取。

実質的にはほとんど何の意味もない額であります。
しかし日銀が打ち出の小槌を振ったという事実は、大きな意味がございます。
お金は刷れば刷るほど希少性が薄れ、その価値が失われていくのであります。
今回の決定で、デフレが終わり、インフレに向かうトレンドへ転換したことは、もはや誰の目にも明らかなのであります。

しかるに、為替への影響が微弱であります。
ドル円に関しては、むしろ円高。

これは国債の買い入れ規模が小さいために、無視されている可能性もあります。
しかしそうではなくて、もう一つ考えられることが理由だとしたら、これは面白いことになりそうでありますよ(笑)

そのもう一つの理由とは、為替相場に投機筋のアルゴリズム取引が作動している可能性であります。
これが作動していますと、投機筋は買い集めた円を高値で売りさばきたいのに、売りさばく機会を失い、しかたなく更に円を吊り上げてもっと高値で売りさばこうという動きが生じます。
つまり日銀が円を刷れば刷るほど、投機筋は価値の劣化する円を高値で買い取らざるを得なくなっていくのであります。

為替相場をもうしばらく注視しなければ判断は出来ませんが、私は恐らくこれ、正解だと思っておりますよ。
日銀よ、もっともっと国債を買ってみ!(笑)

ところでラパルレ逝きましたが、まだ私の毎月3万の株式投資はプラス圏です(笑)
そのくらいじゃ私のポートフォリオは沈みませんよ。
ちなみにここは本当に債務超過になるか疑問なので、ゴミになる覚悟で最後まで保有するつもりです。
そのくらいの余裕はあるのです。


ところで、私の注目銘柄「2402 アマナホールディングス」(http://amana.jp/ )の株価でありますが・・・

http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=2402

先週末の株価373円ですと、配当利回りは1株12円配当ですので、3.22%であります!
さらに株主優待のこちらが付くのであります!

100株以上 保有期間に応じて、
(1)自社コンテンツを用いたオリジナルグッズ、又は
(2)「写真の町」北海道東川町の産地直送の食料品を贈呈

保有期間1年未満 2,000円相当(商品代金・送料等含む)(1)
保有期間1年以上 3,000円相当(商品代金・送料等含む)(1)または(2)のいずれかを選択
保有期間3年以上 4,000円相当(商品代金・送料等含む)(1)または(2)のいずれかを選択

http://biz.yahoo.co.jp/stockholder/search?detail=2402

送料等で引かれる部分がありますので、実質的な優待価値は少し減少いたしますが、仮に優待金額をそのまま利回り換算いたしますと、100株投資(37300円+手数料)で、優待利回り5.36%と配当利回り3.22%ですので、8.58%(年間3200円分)の利回りがあるのであります。
※手数料分は利回り計算に入れてません。

これが保有期間3年以上になりますと、4000円相当の優待ですから、何と13.94%(年間5200円分)の配当と優待が、毎年毎年もらえることになるのであります!

現物の100株長期投資なら、かなりお得かもしれませんね?(笑)

ちなみに株主優待ニュースが、更新されておりますよ(笑)
http://amanaholdings.jp/
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2010/10/06(11:42)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。