ユリウスさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ352件目 / 全695件次へ »

坂井挑戦者が初の一勝 -碁聖戦第2局

 張栩碁聖一勝のあとを受けて、7月9日に石川県石川郡野々市町の「文化会館フォルテ」で行われた挑戦手合い第2局は、白番の坂井秀至挑戦者が2,5目勝ちを収めた。

下に碁盤が出るまでしばらくお待ち下さい。

「| 」で一手ずつ進みます。











 挑戦手合い、初の一勝となった一局は、序盤早々34手目に大きなコウが生じ
、挑戦者の右上のダメ詰まり狙いのコウダテに対して、張栩碁聖はきかずにコウを解消した。
 このわかれは素人目には挑戦者の難局かに見えたが、右上辺から中央の戦いで、挑戦者の着手が伸びて、勢いを感じさせる局勢を築きあげた。
結果から見て、全体的に張栩碁聖が序盤から局勢を楽観視し、着手が一本調子になっていたのではないかと思う。

 坂井挑戦者を応援している翔年は嬉しくてならない。挑戦者は碁盤の隅々まで目配りしつつ、踏み込むべき所は踏み込み、耐えるべき所は耐え、守るべき所は守っての2目半勝ちは見事と言うほかない。

※現棋譜は途中166手まで、以下を省略していますが、2,3日中に273手完までの入力して最終譜までお目に書けることをお約束します。
 最終譜で見ると、張碁聖の上辺侵入が、ただ侵入しただけで、地ほとんどついていないのが印象的です。

 これで碁盤勝負は振り出しに戻った。第三局以降が待ち遠しくてならない。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2010/07/12(14:10)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。