収益性
50
活発度
48
人気度
53
収益量
50
投稿量
100
注目度
50

瀬谷空悠太郎さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ57件目 / 全525件次へ »
ブログ

利益確定日か

NYダウは2連騰。
週末ということもあり、利益確定日になると予想する。
あえて、物色するなら、まだ、おとといからたいして動いていない銘柄や、本日に決算を控えている銘柄など。

本日の予想レンジは9400-9680。
ファストリの下方修正や、国際帝石の増資は、相場の重しとなる。
また来週は、みずほの発行価格決定期間。値を抑える展開が予想できる。
出遅れている新興市場銘柄、小型株で動意づく銘柄が多そうだ。
みずほの発行価格が決まる頃に相場が崩れていなければ、中期的(2週間レベル)上だろう。


参議院選挙を控えて、リスク回避の向きも多いが、押し目買い意欲も旺盛。
しかし明日の参議院選挙で民主党が過半数の議席を獲得できなければ、再び、”ねじれ”が意識され、外国人に嫌われそうな気がする。
こういう流れに傾けば、再び、大型株売りになるため、様子見姿勢が懸命。
この流れになると、また材料、仕手物色の流れになりそう。
ただこれは日本独自の材料なため、海外市場では影響はあまりなさそう。

ファストリは下方修正にも関わらず、10円高で寄り付いた。
きっと出尽くしを意識した買いを入れた投資家は多いようだが、寄り付き後一気に、大口に売りをぶつけられる。ただ、前引けにかけて切り返す。
日足で下髭なら2番底を意識。
12150-14350のボックス推移となりそうな予感。

SQは9000-9250、9250-9500でもなく、9636.23となった。ここ数ヶ月、SQ値に波乱が多い気がする。

上海、香港が火柱。週末だが、チャートが強気になれる形状。
香港は来週中に20500-21000の間に入っていきそうな予感。
香港は本日、3回目の20300台突破アタック。”高値トライ、下値トライは3回目に抜ける”
香港市場、おとといの高値を一瞬抜ける。


大日本印刷のトレンドが変わりつつある。押し目を作ることがあるかもしれないが、
大日本印刷のトレンド変化は電子書籍関連の物色を意味することになる。
来週、参議院選挙の結果で下げたりした場合、絶好の押し目となりそう。
夏相場の新興市場は、たぶん、電子書籍関連がメインになる予感。
大日本印刷買値目標1040円、売り値目標∞。


今日は完全に崩れるかと思っていたが、寄り付き後の高値を超えそうだ。
なんとなくショートが積みあがって、イジめられている、そんな雰囲気。
今は閑散に売りなし状態か。
トレンドが変わりそうな銘柄を積極的に買ってみると案外、日経に支えられて一段高なんてことがありそうだ。
利益確定を押し目で買っていく様はNYダウと似ている。

クロス円や、各国の株価指数のチャートを見ていると、そろそろトレンドフォロー型が手をだしそうな予感。

新興市場も前場、利益確定ムードだったが、買戻ししているように見える。
ただ、日経9600付近で買うのはかなりリスキー。9600前後は利益確定をぶつけられる恐れのほうが高い。

本日決算を迎える企業にとっては、良い相場環境。好材料は素直に買いで反応してくれそうである。

みずほは、発行価格決定前から、底打ちチャートを描き始めている。しかし発行価格を決める前にあがるのも少しおかしい気がする。
チャートに従って売買するならば、今日あたり打診買いする日なのだろうが。


NYダウは素直に利益確定売りからくるかと思ったが意外なほど強い。
昨日の高値を超える場面があった。
週末にも関わらず、利益確定をこなしきれれば、かなりの強さを印象づける。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。