証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

はんちくさんのブログ

最新一覧へ

第3回利下げ祭りは小規模?どころか、最後の火?

 アメリカ市場が週足の底すら破る事態、年内追加利下げの話がまた浮上してきた。

 以前僕が「能天気祭り」と題した、0.5利下げ前後の完全な強気買い相場があった。その後も、「追加利下げフェスティバル」が催されたが、「祭りの後」というものは、町は打って変わって閑散とし、所々にゴミが散乱して後片付けをせねばならない「ああ、もう夏も終わりか」という寂しい気分が襲ってくる。利下げ後の状況がまさにそうだ。
「追加利下げ」が最後のカードだったにも関わらず、追加利下げ直後に、メリルリンチ損失隠し、シティ追加損失計上などのネガティブニュースが発表された。あれが、追加利下げ前だったら、下げ傾向は変わらないにせよ、ダウのチャート形はもう少し上にあったに違いない。全く最悪のタイミングだ。

 今市場がデリケートに反応をしているのが「ドル安」と「原油高騰」だ。以前の利下げ祭りには、この二つは織り込まれていなかった。経済の専門家にすればこの二つは予測済みの話だが、市場は「今がよきゃいいじゃん」でお祭りを開催した。だが、実際に利下げが行われ、ドル安と原油高が進行してみると、さすがに米市場も「利下げってやばいんじゃないの」ということが理解出来たろう。お祭りの参加者は減り、祇園祭規模から自治会の盆踊りくらいの参加者になると思われる。日本人も「円高ドル安が進むじゃん」で、以前ほど乗り気にはなるまい。さらなる日経の下落におびえることとなる。
 そして、利下げ実施によりドル安、原油高はさらに進行。下落傾向に拍車がかかる可能性が高い。

 利下げがほぼ確定した状況で、為替が動かなかったら要注意。追加利下げの時がそれで、利下げ実施が確定的なのにも関わらず、一瞬円安方向に振れて止まった。利下げ実施後もしばらく円高に振れなかった。「おかしいな」と思ったが、SQ前から一気のドル売り崩し&日本株つぶしが来た。力を溜め込んでいたのだ。利下げ前後に円高に振れなかった場合、「不自然」と判断して警戒すべし。

 底値打ち判断はまだ早い。

 次の売り場は「原油100ドル突破」だ。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2007/11/23(10:23)

通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+6.3%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

73.7 26.3
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,955.17

▲ +189.70

TOPIX

1,521.03

▲ +8.34

JASDAQ総合指数

118.45

▼ -0.31

米ドル/円

114.48

▲ +0.46

ユーロ/円

121.28

▲ +0.25

重要な経済指標 発表日時
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ