収益性
49
活発度
65
人気度
53
収益量
50
投稿量
93
注目度
75

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1084件目 / 全1710件次へ »

刺客は中岡慎太郎だった!?

TVでルビコンの決断を視ていたら、
坂本龍馬と岩崎弥太郎の話をしていた。
そこでは、坂本は出演間もなく暗殺されたという話でお役御免なのだが。

たまたま買い置きしておいたムー4月号をながら読みしていると、
坂本龍馬は、なんと中岡慎太郎に切られたという説があった。
(同誌、「坂本竜馬とフリーメーソン」P96~101)
教科書的には、中岡も伴に、京都の近江屋で暗殺されたことになっている。
この説を唱えているのは、小説家の加治将一氏。

☆従来の惨劇証言は、直後に現場に訪れた人々の証言と、
 「坂本龍馬関係文書」なる記録をもとに構成されるがあいまいな点多し

★龍馬は、額を水平に切られており、ほぼ即死
★中岡は、なぜか全身に20~30か所の太刀傷がありながら2日間生存
★近江屋の眼の前に土佐藩邸があり、
 龍馬が命を狙われていることも知っていたはずなのに、無警戒だった
★龍馬も坂本も、無抵抗で死んでいるとされる
★どうしてか龍馬の拳銃と刀がなくなっていた

★実は龍馬暗殺の半年前、土佐藩と薩摩藩とで「薩土倒幕密約」という
 武力討幕の密謀が成立
★伴に盟友ではあったが、龍馬は無血討幕派、中岡はバリバリの武力討幕派

★武力討幕派から龍馬暗殺案が持ち上がり、中岡が最後の説得を受けもち、
 ダメなら切り捨てるというシナリオ
★盟友相手だからこそ真正面から龍馬を切れたが、
 同時に中岡は龍馬から銃で撃たれ結果死亡したので、
 証拠隠滅のため、あとから太刀傷をつけられた

PS:一番最後が、ちと動機が弱いと思うが・・・。
   いづれにせよ、武力討幕派、無血討幕派ともに背後にはそれぞれ
   英国フリーメーソンが潜んでいたという。
   双頭使いの真骨頂が垣間みえる話であった。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2010/04/15(23:17)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。