収益性
61
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
50

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2542件目 / 全3578件次へ »

2010年3月24日(記録のみ)

日経平均 ; 10815.03 (+40.88)
TOPIX ; 951.97 (+4.60)
JASDAQ ; 53.48 (+0.13、6日続伸)
マザーズ ; 451.92 (+0.02、8日続伸)
ヘラクレス ; 628.81 (+0.87、13日続伸)

今週はちょっと忙しくて更新ができなかったんですが、とりあえず記録だけでも。今週に入ってから、これまで全く動きのなかった3390 ユニバーサルソリューションシステムズも上昇し始めまして、そろそろ小型株相場も終わりかなあという雰囲気が漂ってきましたね。

-------------------------------

株式市場は米国株高と円安基調を好感し日経平均は反発
3月24日(水)16時14分配信 サーチナ

 24日の東京株式市場は米ダウ工業株30種平均が102ドル高と2008年9月26日以来の高値を付けたことや、90円台半ばへの円安傾向を好感し、日経平均株価は106円47銭高の1万880円62銭まで上昇し直近17日高値1万864円30銭を上回ったが、高値警戒感から弱含む場面も見られた。追加の経済対策論などが下支え、大引けは40円88銭高の1万815円03銭となった。

 4月1日に上場される第一生命保険の売り出し価格が昨日14万円に決定したため、手控えムードが払拭され、東証1部の出来高概算は18億9348万株と増勢。売買代金は1兆2750億4100万円。1部上場1680銘柄のうち、値上がり銘柄数は1092、値下がり銘柄数は459となった。

 また、東証33業種別指数は27業種が高くなり、値上がり率上位業種は、任天堂 <7974> などが属するその他製品、水産・農林、機械、空運、証券商品先物、海運、倉庫・運輸、卸売り、金属製品、輸送用機器など。反面、値下がりは石油・石炭、ガラス・土石、その他金融、電力・ガス、食品、医薬品の6業種だった。

 任天堂が裸眼での3D(3次元)映像を実現した新ゲーム機への期待で急伸し昨年来の高値を更新、前引けは9.55%高となり業種別指数「その他製品」の上昇を牽引。部品供給のミツミ電機 <6767> がもみ合いを上抜き戻り高値を更新したほか、携帯電話向け3Dコンテンツを企画、受託開発するエイチアイ <3846> がストップ高と買われるなどした。

 また、米国株高と円安基調を好感しキヤノン <7751> が高値顔合わせ、東芝 <6502> が次世代原子炉の開発などを材料に5日続伸、業績予想を増額修正した日本精工 <6471> が戻り高値に進み、カナダの銅山の権益を取得した古河機械金属 <5715> 、双日 <2768> が上昇したほか、伊藤忠商事 <8001> や丸紅 <8002> が原油高・金価格の上昇を受け昨年来高値更新と、後場業績予想の上方修正を発表した東洋エンジニアリング <6330> が3日続伸と騰勢を強めるなど、材料や業績を手がかりとする物色が活発だった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

-------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2010/03/27(20:00)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。