瀬谷空悠太郎さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ183件目 / 全525件次へ »

雇用統計前

本日の為替は、今日に限って米国の指標がないため、ショートカバー優勢の展開を予想。ただ、やはり短期的な値動きなので日をまたいで持ち越すことは高リスク。
明日のNY市場がはじまる前にADP雇用統計があるだけに、本日のNY市場は調整する可能性がある。
明日の東京市場も買いポジションを手仕舞う動きや、雇用統計にからむ思惑で売り仕掛けられる可能性がある。

東京市場引け後にポンドが再度安値を試しにいくような値動きが見られたが、今は落ち着いている。
指標関係なしにまた売り崩される展開となれば、市場環境が悪化する可能性がある。
再びポンドの売り崩すような値動きがでた場合はいち早く”ロング”ポジションをクローズすべき。
(ポンドに関してはロングポジションがたまってくると売り崩すような傾向。ショーターの回転がきいてしまっている。)
神経質な値動きなので、ポジションをとらないで完全様子見がいいかもしれない。

---------------
17:45
ドル円に売り注文。ショートカバー相殺。
---------------
0:15
やはり円安へのショートカバーは一時的。
この時間帯になり元の水準より円高気味に推移。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2010/03/02(16:44)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。