収益性
74
活発度
0
人気度
50
収益量
54
投稿量
51
注目度
50

ソードさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ26件目 / 全85件次へ »

民主党と経済

タイトル:五輪はいらない

今日、2016年のオリンピック開催が南米のリオに決まりました。
まずは、ブラジル国民の皆さんコングラチェレーション!
でも、こっからが大変です。
日本にはいい技術もった企業がいっぱいあるのでぜひ公共工事には日本の企業を。
って、私は営業マンか!
まあ、冗談はさておき。
今回の五輪招致は、相変わらず悲惨な結果でしたね。
まあ、シカゴよりはましでしたが。
で、なんでこんな結果になったのか?
一つには、都知事の独りよがりで始まったのが一番の原因でしょうね。
なんせ、このおっさんは典型的な昭和政治家。
でっかいイベントやって自分の名前を後生に残そうとしか考えてません。
正直なところ、演説でいったことはどこまで本気か疑問です。
それに、なんで2度目の東京なのか?
それを全然アピールできてないのも問題です。
とどめは、選挙前に都庁と民主党の五輪に対する温度差ですね。
都庁側は熱心(都知事だけかも)ですが、民主党側は全くといっていいほど関心がありません。
幹部議員でさえ、五輪のことよりもブラジルのルーラ大統領に日本の新幹線を売り込んできてくれというぐらい。
(まあ、至極真っ当な進言なのですが)
これじゃあ、東京が選ばれるわけはないです。
むしろ、貴重な税金を無駄に投入し国内でも不発した責任は重罪ですね。
今回の五輪招致は日本の経済にとってプラスだったのか?
正直なところ、非常に疑問がありますが、あえて今回の一件で現政権の問題点を指摘するなら、首相の決断が遅かったことでしょうかね。
もっとも、現政権にとって重要なのは高速鉄道の輸出であって五輪ではないので、私と同じく五輪はこなくてもいいって考えかもしれませんね。
日本は自分にいれた票をちゃんとリオに入れるように根回ししたのかな?
むしろそっちが心配です^^;
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/10/03(12:21)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。