収益性
41
活発度
0
人気度
50
収益量
49
投稿量
50
注目度
50

サイコさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ35件目 / 全253件次へ »
ブログ

かわる?

364f5cfa6   Eb926ff1c   687bd626e  


  資格ブログ村  法律系資格 現在 48位   士業(弁護士、会計士等)  現在 14位快晴である。馬が肥える秋そのものである。しかしながら考えなくとも、麻生→鳩山の流れは55年前の吉田→鳩山と祖父の時代の流れをそのまま孫でも踏襲しているという歴史の繰り返しである。そのおじいさんである鳩山一郎は何を目指していたか、〈民主〉と〈愛国〉に詳しく書いてあるのだが、一言でいえば憲法改正である。その改正内容とは異にするのであるが、孫の由紀夫も首班指名の特別国会を16日と控えて、12日のラジオで地方分権で改憲必要と言ってるらしい。と言うことは、最低でも地方自治法はまた改正するつもりなのだろう。しかし、来年潮流に乗り過ぎて参議院選で圧勝したときは、ちょっと怖い感じがする。参議院でも民主党が3分の2の議席をとってしまったとき、そんな生易しい憲法改正とはならないだろうからである。まだ今のところは過半数に後ちょっと、ということなので社民党とも連立を組まざるを得なくて組閣ポストですたもんだしてるのだけれど。まぁ、3分の2取っちゃったら、9条は間違いなく改正される。これがためにいわゆる国際貢献時によく言われる集団的自衛権が行使できずにいたわけであるから、それと当然軍隊たる自衛隊を名実ともに違憲状態から適正化することで、これまでのややこしい最高裁判断とかも不必要となるからである。しかし、このオプションを許すとしての条件は、日米安保条約の見直し、当然未だに存在する地位協定の撤廃である。いずれにしても米軍の再編もあって、現状沖縄に駐留する海兵隊をグアムに相当数移すわけであるから、我が国もそれに習って新しい同盟としなければ全く意味をなさないわけである。まぁ、あまりは深く書かずにおくが、まさかなことが起きれば世論も動いてしまうでろあから、やはり運命に従う以外にはないのだけれども。まぁ、以前に他で書いたことが、孫の代になってやっと修正されるという見方もできうるわけでもあるが、最終的には国民の同意(国民投票による過半数)が必要なのではある。まぁ、50年以上も改正されない憲法は、他のどの先進国を見てもないわけではあるけれど、えらい出来損ないなのか、だから返って愛着があるのか、そろそろ決着つけてもいいかもしれない。世代も変わってきたことだしね。グゥーーーー
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。