COTOSSAさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ349件目 / 全1258件次へ »
ブログ

記事メモ その2

つづき

◆ポイント1兆円規模に
 30日トップ
ポイント市場が2009年度に1兆円を超える見通しとなったとの記事。
こんなに拡大していたのかぁ。。。(驚)
でも、考えてみると自分の財布の中も、かなりの数のポイントのカード。
NRIが発表した推計のようだけれど、クレジットやマイレージなどの合算推計は08年度に発行額約7900億円。それにツタヤやコンビニエンス、ネット関連発行を加えると8200億円レベルに。さらにエコポイントを合わせると、2009年度は1兆円を超えるという推測。
ポイントの会計処理は国際会計と日本の基準は異なっているので、今後の会計処理の方法についても議論が出てくるかも!!
引き続き要チェック項目。



◆企業の環境負債6割増
 7日@9面
素材や電機、1785億円。
上位は石油関連企業の廃鉱費用引当金。石油や天然ガス開発で使う設備については採掘する権益が切れて生産終了後に原状回復する必要があるためなど。
王子製紙などでは、ポリ塩化ビフェニールを使った生産設備の廃棄に必要な費用の他、汚泥の最終処理場の維持管理費などを引当金計上。
引当金計上企業が増えている背景は、11年3月期から導入される資産除去債務とよばれる新会計制度などや環境規制強化があるとのこと。

環境関連引当金金額上位10社は
新日本石油 廃鉱費用
国際石油開発帝石 同上
古河電気工業 環境対策
三菱マテリアル 同上
三井化学 同上
西日本旅客鉄道 環境安全対策
NEC リサイクル費用
日本板硝子 環境対策
富士通 リサイクル費用
石油資源開発 廃鉱費用


◆新興国通貨に資金流入
 景気先行回復を期待
 6日トップ
ブラジルレアル、南アフリカランド、インドネシアルピア、豪ドル、カナダドル、韓国ウォンの記載がある。
世界的な景気回復期待が背景とのこと。より高い運用収益を求めて新興国の株式や債券などに投資する機運が強まっているという背景。


◆東芝、3箇年目標大幅下げ
 売上高8兆円に 財務基盤回復を優先 新規中期計画
 6日@9面
昨年5月にまとめた3箇年計画に比べ、業績も9方を大幅に引き下げ、設備投資も抑制。
半導体事業などに積極投資し積極路線を切り開いた西田体制での拡大戦略はひとまず凍結。投資の源泉や固定費圧縮を優先し利益ある持続的成長のための足場を固めるとのこと。
折角なので東芝のHPをチェック。

☆経営方針説明会 2009年8月5日
 説明会資料スラ
http://www.toshiba.co.jp/about/ir/jp/library/pr/pdf/tpr20090805.pdf

ああ、このスライドは目を通した方が良いですね。。。
この業界の方向とかもざっくり理解するのに役立ちそう。
因みに動画もありますよー。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。