収益性
59
活発度
0
人気度
52
収益量
55
投稿量
71
注目度
50

るきるきさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ110件目 / 全302件次へ »

日々投資090624

カテゴリー分け。というか索引
→銘柄ウオッチ http://lukiphel.blog61.fc2.com/


先日のダウの続落を受け遠慮がちに始まった本日市場でしたが、しっかりと値を伸ばしていき大幅高に。引け付近で売られる場面も見られましたが、結局、+205の大幅上昇で取引を終えました。昨日のダウついては嫌気されても不思議ではない動きでしたので意外や意外の強さではありましたが、結局のところ先物とショートカバーが主導した上昇ではあったようです。

今日の相場で言えば、現在の(特に個別銘柄における)株価位置からの上昇というのが「押し目」であるのか「ダマシ」であるのか注意しなければならない場面であったと思います。さすがにダウも反発する頃ではあるでしょうし、本日、発表予定の失業保険申請件数に良い数字が出てくるようなことがあれば大幅高も期待できないではないですが、テクニカルでは下方トレンドが継続中であり、昨日のFOMCの発表からも、何一つ、株価を押し上げる要因がないというのが現状だと思います。

これまでは投機筋が買い上がって来たのですが、先週後半からの弱含みというのは、投機筋が利確に動いてきたという背景がありますので、理屈に合わない先物買いがあった場合は、「何か理由があって買われている」と思った方がリスクが低くなります。個人資金が元気なのは救いではあるのですが、株式市場も大勢に逆らうと大けがするのは実社会と同じアイロニーであって、大体において個人投資家が割を食うように出来ているのですから、特にこのような思惑があって造られた相場の渦中では注意するにしすぎることはないように思います。

さて、ちょっと注視しなくてはならないと思うのは、あれだけ異様に良かった上昇銘柄の取り組みがここに来て一気に解消されてきたことです。反対に内需銘柄に好取組のものが目立ってきました。よもや内需銘柄に踏み上げ相場が来るとは思ってはいませんが、相対的に考えれば内需銘柄くらいしにか資金の行き場がないじゃないか。というわけで、日々仕込んでいるのですが・・・来い(笑)!
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/06/25(21:11)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。