るきるきさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ121件目 / 全302件次へ »

前場

前場は寄り後急速に値を切り下げた後は小動きでした。比較的、内需銘柄に底堅さが見られており、資金のシフトが起きているのかな、と思われます。

押し目では拾われている向きもあり、なかなか予測が難しいのですが、テクニカル的に判断すれば日経平均は25日線を割れていますし、これまで米国と比較して強かったことなどから、下値を探る展開になりやすいのではないかと思います。

そういう意味では原則的に売りポジションはホールドでも良いのですが、問題は今日からFOMCがありますのでこの発表です。米市場が下値を探る展開になっていますので、それに配慮したコメントなどが発表されれば一時的(かどうかは分かりませんが)な反発の可能性もあります。要するにスタンスの問題なのでしょうが、利益を確保するという観点からは今日や明日中に全部なり半分なりを離隔する方が無難ということでしょう。勿体ないですが(笑)。

気になる点としては、ユアサに呼応するように反応してきた「準仕手銘柄(と呼んでいます)」であった日電工や安川電機あたりが動きについて来なくなったということです。新興市場のVB銘柄が再度物色されているという点では買い気はあるとは思いますので復活もないとは言えませんが、この手も終了と見ていた方が安全だと思います。明電舎は大量の空売り入りの関係から話はまた別でしょうが、急落があり得ると思います。

後はスケジュール的に不動産関連ですね。今日から明日にかけて中古住宅販売、耐久財、新築住宅販売と重要指数が目白押しで、市場予測では特に住宅販売は回復が見込まれていますが、最近の動向を見る限り懸念がありますので、このあたりも注意でしょう。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/06/23(10:24)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。