収益性
83
活発度
0
人気度
69
収益量
73
投稿量
100
注目度
96

ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2118件目 / 全3060件次へ »

【調査】最も利用するスーパー 1位ジャスコ 2位ヨーカ堂

ネットアンケートで最も利用するスーパーは?という問いに、1位にジャスコ、2位にイトーヨーカ堂という結果が出たという話。

私の家の周りにはジャスコもイトーヨーカ堂もないしw

個人的にまとめての買出しは、イオンの子会社のマックスバリュ西日本のディスカウントストア「ザ・ビッグ」ですることが多く、ちょっとした買物は徒歩圏内のイズミが多いかな。

ジャスコのPBであるトップバリュもなんだかんだでちょこちょこ買うことが多くなった気がする。

これお店にとっての利益率良いみたいですしね。
以前イオンの子会社の株主総会に行った時にそんな話を聞いた記憶があります。




最も利用しているスーパー1位は「ジャスコ」、ペット預かり・検索用端末など「あったらいいサービス」続々
http://markezine.jp/article/detail/7491

 マイボイスコムが行った、大手スーパーのブランドイメージ調査で、品揃え、価格、信頼性のいずれも「ジャスコ」がトップ。ライフスタイルの多様化によって、利用者が求めるサービスも多岐にわたっている。
(2009/06/08 11:50)

 マイボイスコムは、5月に「大手スーパーのブランドイメージ」に関するインターネット調査を行い、14,980件の回答を得た。大手スーパーの利用者は92%で、そのうち「ジャスコ」が33%でトップ、次位は「イトーヨーカドー」(21%)。ジャスコは、品揃え、価格、信頼性のいずれにおいてもトップとなり、次位は「イトーヨーカドー」という結果となった。2005年5月の第5回調査から今回まで、ジャスコは、最もよく利用しているスーパーの1位を維持している。

最もよく利用する大手スーパー

 利用する際に最も重視する点は「価格が手頃」で7割を超えており、「取り扱い商品のジャンルが幅広い」「自宅や職場からのアクセスがよい」が続いている。スーパーでのPB(プライベートブランド)商品の購入経験は8割を超えており、内容は「お菓子」が48%と最も多く、「パン類」「飲料」「乳製品」「袋めん・カップめん」など、日常的に利用する食品が続いている。 

大手スーパー利用時の重視点

 また、回答者から寄せられた、利用してよかったサービス、あったらいいと思うサービスでは、「中古の品と割引券を交換してくれるサービス。処分に困っていた衣料品などが割引券に代わるのはとてもうれしかった」(男性・16歳)、「セルフレジが思ってたより簡単で良かった。電子マネーでポイントが貯まるのも便利だし良いサービス」(女性・29歳)、「犬を預かってくれるところがあれば、楽に買い物できる」(女性・35歳)、「店内に検索用の端末が設置されていて、商品の場所や在庫の検索ができればよい」(男性・46歳)、「宅配サービスが、車と体力のない人には、とても助かる」(男性・64歳)などがあがっている。利用者の多様化するライフスタイルに合わせて、スーパーが提供できるサービスはまだまだありそうだ。
登録日時:2009/06/08(14:32)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。