はんちくさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ42件目 / 全686件次へ »

キンチョールが効かない

 昨日今日思ったことではなく、もう5年以上前からの現象だが、ハエにキンチョールをかけても、そう簡単に死なないパターンが多くなった。

 小学校のころのハエは、キンチョールを一吹きしただけですぐに死んだものだが、最近のハエは、痙攣まではするものの、最終的に復活するやつまでいる始末。

 他社殺虫剤でも同じ。


 殺虫剤に耐性のある種だけで交接を繰り返し、生き延びてきた結果なのだろう。
 殺虫剤に、今より強力な成分をいれると、一般市販に向かぬほど危険になってしまうから難しいのだろうな。
 しまいに、まったく効かなくなるかもしれん。


 今現在のところ、最強の殺虫手段は

 「ハエ取りリボン」または「直接ハエ叩きで殺す」

 になっている。


 ちなみに、蚊にはまだ殺虫剤が効く。

 蚊まで耐性ができたらキツイものがある。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/06/06(15:22)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2009/06/08(16:17)
    こんにちは~。

    子どもが生まれてから殺虫剤を使わなかったので
    そんな状況とはつゆ知りませんでした。

    こ、こわ~。

    ハエ取り紙にもどるのがいいですね。

    蚊は、手でたたこうと思っても、風圧で?とんでっちゃうから
    洗濯ネットみたいなのとか、タオルとかを振り回すのが
    おすすめです(^-^)

    車の中にいると、ついやっつけたくなって運転から気が
    そがれるのでキケンです。
  •  通報する

    2009/06/08(16:56)
    >REEDさん

     こんにちは

     仕事場が、結構山のほうにあり、養豚場や藪が多く、ハエが春に大量発生します。

     明らかに殺虫剤が効かなくなってます。

     痙攣すらしないやつもいる。


     夜中に耳元に来る蚊は許せませんね。どれだけ眠くても殺すまで追います。


     運転中に退治は危ない。

     すべての窓を全開して走れば、風圧で出て行きますよ。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。