映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ700件目 / 全1046件次へ »

頭が重くなるか

20日の日経平均は、9344.64(+54.35)と小幅上昇。なお転換線9250の上だが、RCIは下げ始めており、下降圧力がかかりやすくなっている。週足も転換線8713の上であるが、遅行線が転換線と衝突しており、RCIが下げ始めていて、上値はやや重くなるかもしれない。
NYダウは8422.04(-52.81)と下落。まだ転換線8408の上であるが、やはりRCIは下げ始めている。ボリンジャーのプラスσのところでとまっているが、保てられるかどうか、微妙。週足も転換線7933の上であるが、RCIは天井圏で、上値が重くなるタイミングになりそうだ。
ドル円は、94.90.と円高がすすんでいる。転換線97.02に届かずに円高に動いており、雲の下限94.79のすぐ上まできている。ボリンジャーも外に広がり、マイナスσに位置する。雲の下限をやぶってくると、さらに円高が加速しそうだ。週足の基準線も94.30に走っており、ボリンジャーもさばマリ、マイナスσにある。この水準をさらに円高に抜けてくると、中期的に円高へとふれることになるので、正念場だ。
アメリカの景気底打ち期待に一喜一憂する展開になっている。ただVICS指数は、リーマン前に戻っているということで、当面新たな材料がでてこない間は、金融不安は遠のいたということであり、株も中期的には上昇基調を保ちそうであり、長期的にも底打ちが明確になりつつあるが、目先はさすがに頭が重くなりつつある。問題は、リスク回避のドル買いがとまって、ドル安円高がすすみそうだということだ。短期的には円高トレンドが発生しており、中期的にもトレンドが発生しそうな気配であり、大方の想定レート95円を超してくると、輸出産業は苦しくなり、東京の上値は重くなりそうだ。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2009/05/21(07:03)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。