収益性
0
活発度
48
人気度
51
収益量
0
投稿量
71
注目度
51

映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ715件目 / 全1053件次へ »
ブログ

ストレステストはやや甘い気がするが・・・

週末8日の日経平均は、9432.83(+47.13)と小幅な上昇。転換線を大きく抜け、1月の高値9325も抜き、11月の高値9521の近辺まで戻ってきた。日足のボリンンジャーもプラス2σを突破しており、外に急激に広がってきている。週足でも基準線の上、転換線の上で転換線が基準線を抜けることろにきている。雲の下限が10315に立ち込めているが、週足のボリンジャーも外に広がっており、中期指標も強くなってきている。当面、週足の雲の下限10315か、月足の転換線9967、基準線12645が節目だろう。

NYダウは、8574.65(+164.80)と大きく上昇。転換線の上で、12月の高値9088をめざす動き。週足も基準線の上で、まもなく転換線が基準線をぬきそうだ。月足のオシレータであるRCIも底打ちしており、中長期も明るい兆しがでている。当面、月足の転換線9130、基準線10334あたりが節目になるのではないか。

ドル円は98.46。日足は基準線98.52をドル高にぬけてきている。しかし週足は下降トレンドラインに頭をおさえられて、転換線98.35を保っているという水準。月足では転換線98.13をドル高に抜けてきているが、トランドラインで抑えられているところ。ボリンジャーもせばまりつつあり、三角持合が煮詰まってきている様相だ。どちらに離れるか、長期のチャートをみると、月足MACDは上昇しており、シグナルを上抜けそうであり、RCIもまだ上昇。どうもドル高に抜けそうな雰囲気だが、予断を許さない。

いったい本当にあのストレステストで金融不安が解消されるのか、未曾有の金融危機というわりには、生ぬるい査定に思えて、疑問の余地が残っている。しかしなんとか出口がみえてきたということで、市場はひとまず持ち直してきている。とはいえ、NYは週足はもちろん雲の下で、まだ基準線も下降しており、手放しの楽観は危険であろう。NYの週足転換線が基準線をぬいてくるかどうか、中期指標が好転するかどうか、が注目だろう。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。