COTOSSAさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ407件目 / 全1258件次へ »

ダークモカ ベリーとその他もろもろ。

6ca2f9690 2db9a0a56 

先日写真を掲載出来なかったので、又飲んでいた時に頑張って写真を。
これ、かなりお気に入りです(^▽^)
しばらく元気が必要な日は、スタバへGO☆

その他。
今日は一気に1冊メモをしながら本を読み終え。
Dr. Vanceさんの本。2冊あったのですが、両方ともかなりいいかも!と思って購入したものです。
とりあえずはスピーキングから。

◆ドクター・ヴァンスの 英語で考えるスピーキング―すらすら話すための7つの思考法

この本、かなり実践的だと思うし、本当に使えると思う。
変な英会話教室に行くよりもよっぽど思考が明確に書かれてるというか。
もう一冊の単語の本も本当に素敵。と思う。
こちらはまともに何度も見そうなので、後回し。
スピーキングはもう読みなおすことはないかも。


後は記事フォロー。

◆不適切ファイナンス 乱用防ぐルールに不備
27日朝刊14面

毎回MONDAY NIKKEIの法務インサイドは楽しい。
今回は不適切ファイナンスの記事。かなり前からバージン諸島の私書箱のネタとかもチェックしていたので、ああ、あれのことね。と思ったりする。。
今回の例で出ているのは箱企業の例など。箱企業は経営悪化に加え、株価が下落し時価総額が上場維持基準を下回っていることがある、株主構成が大幅に変わり主要株主に実態が不透明な投資事業組合などが登場している、事業内容が大きく変わり資金調達後に投資事業に乗り出しているといった特徴がある。と書かれている。
特に増資引受先の特徴は要チェック。SPCや投資事業組合が引受先の場合は注意ということと、タックスヘイブンに投棄された場合も要注意。バージン諸島の場合は本人確認などの金融規制が非常に緩いという事で更に要チェックとのこと。

ふむふむ。トランスデジタルの名前が出ている大量の新株予約券発行、資金流出後民事再生手続き開始申請という不可解な事態になった例。

尚、NYSEなどでは20%を超える株式の希薄化を伴う資金調達は株主総会決議を求めている。それに比べると会社法では機動的な資金調達を重視しているので緩い感じ。
TSEはどう動くのかなー。注目!


◆刺激的な集大成レポート
今日の14面

MLのRichard Bernstein氏の退社にあたって書いたレポートが話題。という小さな記事を発見して気になって昼休みにググってみた。
10 Guidelines learned in 20 years
レポートそのものは見つからなかったけれど、概要は分かった。なるほどねー。結構含蓄に富んでいそう。
Leverage gives the illusionとか(^^;
Income is as important as capital gains.とか
B/S are generally more important than income or cash-flow statement.とか。
ふーむ
ちゃんとメモしてみた。フルレポートがどこかにないかなぁ。。。(読んでみたい)


◆マレーシア 外資出資規制緩和
今日の7面

金融業界(投資銀行、イスラム金融専門銀行、保険など)に対する外国企業の出資制限を緩和。上限49%から70%までに引き上げ。但し商業銀行への出資は30%に据え置き。


◆世界デリバティブ取引 担保総額86%増
今日の7面

なるほどね。担保を求める傾向が顕著になってるみたいだわ。
登録日時:2009/04/28(23:16)

 通報する

このブログへのコメント

1~8件 / 全8件

  •  通報する

    2009/04/29(00:19)
    こんばんはー

    (外国人)「Are You speak English?(゚∠゚)」

    (鉄砲長)「NO!(( ( ̄  ̄*)」の鉄砲長です(笑)

    >昼休みにググってみた。
    英語が多すぎてググって寝ちゃいそうな、、、( ̄ー ̄;
  •  通報する

    2009/04/29(00:20)
    こんばんは。

    以前書きましたが、私は英語ができません。
    その理由の一つに、英語を聞いた時に頭の中でまず日本語に変換しそこから再度英語に変換して話そうとするが、その変換に時間がかかりすぎている間に話はどんどん進んでいってしまい、結局何がなんだかわからなくなる、ということがあります。

    やっぱり英語で考えないとダメですよね~。
    私の場合は聞き取る方もできないので両面でダメではありますが...
  •  通報する

    2009/04/29(09:28)
    COTOSSAさん、おはよう♪

    > 英語で考えるスピーキング―すらすら話すための7つの思考法

    これ、面白そうだね♪
    英語と日本語はそもそも着眼点が違うから、
    こういう入り方ってすごく重要かもね(^。^)
  •  通報する

    2009/04/29(12:25)
    COTOSSAさん こんにちは!!

    >先日写真を掲載出来なかったので、又飲んでいた時に頑張って写真を。
    >これ、かなりお気に入りです(^▽^)
    >しばらく元気が必要な日は、スタバへGO☆

    COTOSSAさんの日記を見て、早速僕も飲んで見ました。
    とりあえず、初めの飲み物は、ショートサイズを頼んで、様子見します。

    とても美味しかったです。

    次は、トールサイズで、ググッと飲もう。
  •  通報する

    2009/04/29(13:09)
    >鉄砲長さん

    こんにちはー

    >(外国人)「Are You speak English?(゚∠゚)」


    おお、鼻が高い!!(爆
    しかも目も外人風!!すごーい!
    でも多分Are~?よりDo~?が鉄砲長さんのだといいのかも・・・


    >英語が多すぎてググって寝ちゃいそうな、、、( ̄ー ̄;


    いえいえ、結構記事の中の文章短かったですよ!
    まとまってたから分量的には(^^)
  •  通報する

    2009/04/29(13:13)
    >TAROSSAさん

    こんにちは。

    >やっぱり英語で考えないとダメですよね~。

    とか言われますよね。。。
    でも、日本人な私には、英語で考えるとか言われても、そんな思考回路の作り方をどうすればいいのかも良く分かりません・・
    だって語学嫌いだもん(笑
    ただ、この本は結構お勧めです。本屋さんで斜め読みでもする価値あると思います。


    >私の場合は聞き取る方もできないので両面でダメではありますが...


    完璧に聞くのは私も無理です(^^;
    だって細かい所までは聞き分けられない・・・
    最近のiKnow!でdictationやると、結構ほんとに勉強になります。
  •  通報する

    2009/04/29(13:14)
    >こうちゃんさん

    こんにちはー。

    >これ、面白そうだね♪
    英語と日本語はそもそも着眼点が違うから、
    こういう入り方ってすごく重要かもね(^。^)


    そうですね!
    最初になんかもう、おおーなるほど!みたいな。
    ちょっと意識するだけでここ、違うねー!と思ったりします。
    ウフフ 一度見てみてくださいませ。
  •  通報する

    2009/04/29(13:17)
    >taketakeさん

    ご無沙汰ですー。

    >とりあえず、初めの飲み物は、ショートサイズを頼んで、様子見します。


    あ、それはとても賢明な策ですね!
    私も次回からそうしよう・・・
    いきなり気分でトールにしちゃいましたから。。
    個人的に感じたのは、やはりフルーツ系のものよりも、コーヒー関連系のものの方がスタバはおいしさが際立つような気がします。


    >次は、トールサイズで、ググッと飲もう。


    わーい!
    きっとその内優待でベンティサイズを・・・・??

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。