byr00455さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ103件目 / 全127件次へ »

投資について考える(番外編) ~私の場合①

NYK入りして為替の動きもやや落ち着いてきました。この時間を利用して、私の簡単な経歴と投資経験をご説明しておくことにします。(一部、いただいたコメントへの回答と重複する部分があることをお断りしておきます。)

大学卒業後、私は外資系のコンピュータ・メーカーに就職し、営業として長く金融機関を担当していました。担当した客先は都銀・信託銀行・政府系銀行・地銀が主で、証券会社やクレジット会社なども一時期担当しています。
仕事上、当然金融商品に関する知識を身につけなければなりませんし、また取引先からの依頼を受けて口座を開設したり、実際に取引をしたりすることも多々ありました。決して積極的にではありませんが、株式取引を始めたのもこうした経緯からです。

やがて、仕事を通じて外国為替証拠金(FX)取引の存在を知ります。実際に口座を開設して取引を始めたのは、まだ日本において外国証拠金取引が始まって間もない頃でした。
運用するのはあくまでも余裕資金、大して勉強をするわけでもなくナンピンや資金追加など、無茶な取引も随分しました。2ヶ月で預入資金が倍になり、次の1ヶ月で元に戻っていたなんて経験もしています。
(ちなみに私の経験では、ナンピンはほとんどのケースで成功します。無事損益0付近で逃げ出せたり、上手くいけば考えていた以上の利益を手にできたりもします。しかし、いずれ必ず掴まります。掴まったら最期、あまりにも多くのものを失ったことに気付いて呆然とすることでしょう。)
かなり危ない取引を繰り返しながらも、ギリギリの処で運良く脱出(損切り)したりしながら、少しずつ資金は増えていきました。

そんな暮らしを送っていたある日、いわゆる家庭の事情で実家に戻ることを余儀なくされます。ちょうど勤めていた会社の状況も悪化していたこともあり、また年齢的に地方都市で再就職することは困難であろうと考えた私は、あろうことか「トレーダーとして生活していく」という決断をしました。

会社を辞めてからの約二年間は地獄のような日々を過ごしていました。
まず運用する資金の性格がそれまでとは全く違います。
かつては完全な余裕資金であり、その全てを失ったところで生活に困ることはありません。毎月給料は入ってくるし、ボーナスも貰える。更には他の形で運用している資金もあります。
勿論、現在の生活を始めるにあたって、運用資金とは別に10年程度は暮らしていけるであろう生活用資金を準備しておく程度の慎重さはありました。しかし、運用資金は「将来の生活のための資金を生み出さなければならない道具」であり、運用資金を失うことはもちろん、増えていかない場合でも、今の生活を断念しなければならないことを意味します。
さしたる投資手法を確立しているわけでもない私が、安定して利益を上げ続けられるわけがありません。サラリーマン時代に遊び感覚でやっていた取引の経験など、技術的にも精神的にも何の役にも立たないことにやっと気付いたのです。

勿論、必死で勉強しました。ありとあらゆる投資関連の本を読んだり、毎日のようにオン・ライン・セミナーに参加したり・・・。でも、そんなことで勝てるようになるほど投資の世界は甘くありません。
やがて、投資に関する全てのことにストレスを感じるようになります。皆さんは含み益が出ている状態でストレスを感じたことがあるでしょうか?根底にあるのは損失への恐怖なのですが、あまりにも負けが込んでくると「今度こそ勝ちたい!」という思いが過剰になります。すると、例え利益が乗っている状態であっても「ここで反転してしまうのではないか」、「今のうちに利益を確定しておいた方が良いのでは・・・」というような強迫観念が襲ってくるのです。
そして、更に状況は悪化し予め自分が決めておいた価格水準にきても行動を起こせなくなりました。「もう少しまった方がいいかもしれない」、「また損切りに終わったらどうしよう・・・」
トレーダーを目指したはずの私は、いつの間にかマーケットの一傍観者となっていたのです。

次回に続く
登録日時:2007/09/18(23:06)

 通報する

このブログへのコメント

1~4件 / 全4件

  •  通報する

    2007/09/19(00:29)
    番外編も興味深く読ませていただきました。

    >勿論、必死で勉強しました。ありとあらゆる投資関連の本を読んだり、毎日のようにオン・ライン・セミナーに参加したり・・・。でも、そんなことで勝てるようになるほど投資の世界は甘くありません。

    はい、自分で勝つ方程式を見つけるまでは本当に苦労しますね。掴むと早いんですけどね。

    >皆さんは含み益が出ている状態でストレスを感じたことがあるでしょうか?

    もちろんです。前日 売りを仕掛けた銘柄が一気に上がって
    始まる時の絶望感はないですからね、冷や汗たらたらです。
    破産した気分になりますね。

    >いつの間にかマーケットの一傍観者となっていたのです
    良い意味でとらえれば冷静になれる時期ですよね。
    悪く言うとビビッテ手が出ない、固まってしまうという感じ
    そこでまた、勉強始めちゃうんですよね、ちょっと逃避して

    次回楽しみにしております。
  •  通報する

    2007/09/19(01:34)
    笑福来 三枝さん

    株はギャップ・アップ、ダウンがあるから厄介ですよね。私も今年になってから始めた225先物で、上手くGU・GDを利用できないものか検証してみましたが、なかなか上手く行きません。

    結局、私の場合は逃げ出しますw
    詳細は次回日記にてということで。
  •  通報する

    2007/09/19(06:34)
    逃げるが勝ちの場合もありますし、プラス思考で楽しくやりましょう!
  •  通報する

    2007/09/19(10:40)
    笑福来 三枝さん

    そうですね~。
    この世界に足を踏み入れてしまった以上、簡単に抜け出せるものでもありません。どうせやるなら、楽しまなくちゃ損ですよね。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。