著者:みんかぶ編集室 
PR
当サイトは複数企業と提携して情報発信しており、記事で紹介した商品・サービスの申込みがあった場合、各企業から報酬を受け取ることがあります。 ただしランキングやサービスの内容は報酬の有無に関係なく、中立的な評価を行います。 なお、当サイトで得た報酬はユーザ皆さまの役に立つ有益なコンテンツ制作や情報の品質向上等に還元いたします。

デビットカードとは?メリット・デメリットやクレジットカードとの違い

「銀行窓口でデビットカードを紹介されたけど、クレジットカードと何が違うの?」と気になった方も多いのではないでしょうか。

デビットカードもキャッシュレス決済の一つとして人気ですが、クレジットカードとは仕組みや審査などで様々な違いが見られます!

筆者
編集部
デビットカードならではのメリット・デメリットがあります!

本記事では、デビットカードのメリット・デメリットやクレジットカードの違いについて、詳しく解説します。

  • デビットカードとは支払いのたびに銀行口座から直接引き落とされるキャッシュレス決済
  • デビットカードは原則審査が不要で高校生も持てる
  • ポイント還元や旅行保険を求めるならクレジットカードの方が良い
  • デビットカードとは?メリット・デメリット

    デビットカードとは「即時支払い方式」と呼ばれる支払い方式のキャッシュレス決済で、支払いのたびに指定の銀行口座から同時にお金が引き落とされます。

    クレジットカードはいわゆる「あと払い方式」ですが、デビットカードは利用と同時に銀行口座から現金が引き落とされるため、財布からお金を出している感覚で支払いをする仕組みです。

    デビットカードのメリット

    デビットカードには以下のメリットがあります。

    メリット
    • 銀行口座から都度引き落としなので使いすぎの心配がない
    • チャージ不要で使える
    • 基本的に審査不要で持てる

    デビットカードは使いすぎる心配がない

    デビットカードの最大のメリットは「使いすぎる心配がない」ことです。

    後払いのクレジットカードだと、その場ではお金が減らないので「気が付いたらたくさん使ってしまっていた…」という経験がある方も多いでしょう。

    デビットカードは利用上限=銀行口座にある残高になるため、残高がなくなれば自動的に支払い不可となります。

    筆者
    編集部
    即時引き落としなので、クレジットカードのように「今月の支払請求書を見てびっくりした…こんなに引き落とされるの!?」ということはないですね。

    デビットカードはチャージ不要で使える

    プリペイドカードと違い、デビットカードは事前チャージ不要で支払いができます。

    手元に現金がなくても、紐づけた銀行口座にさえ現金が入っていればデビットカード決済が可能!

    筆者
    編集部
    チャージせずにすぐ支払えるのもデビットカードが便利なところです!

    原則審査不要で持てる

    「指定銀行口座からの一括払いのみ」「キャッシング機能なし」という性質上、デビットカードは原則審査なしで作成できます。

    デビットカードは、現金とクレジットカードの中間的な特徴を持ったカードのことです。
    後払いではなく、その場で銀行口座から即時代金が引き落とされるため審査は不要で、クレジットカードを作れない方や、クレジットカードに抵抗がある方も利用しやすいのが特徴です。

    引用元:みずほ銀行公式サイト

    そのため、クレジットカードやカードローンの審査に不安がある方だけでなく、中学生を除く15歳以上の方でも申込できます!

    筆者
    編集部
    ただし、即日発行は難しい場合が多く、発行までは数日~数週間かかります!

    参考>>即日発行できるクレジットカード

    デビットカードのデメリット

    デビットカードには「一括払い以外できない」「クレジットカードのような追加カード等は使えない」などのデメリットもあります。

    デメリット
    • 分割払いやキャッシングは不可
    • ETCカードや家族カードはない
    • いわゆるクレヒスは付かない

    デビットカードは分割払いやキャッシングは不可

    クレジットカードは分割払いやリボ払いといった様々な支払い方法を選べますが、デビットカードは一括払いのみです。

    また、お金を借りる「キャッシング」の機能も原則ありませんので、純粋に銀行口座から引き落とせる金額のみでお買い物できます。

    筆者
    編集部
    急ぎでお金を借りる場合は即日融資ができるカードローンなどが選択肢となります。

    ETCカードや家族カードはない

    クレジットカードはETCカード家族カードを追加発行できますが、デビットカードにはありません。

    ETCカードや家族カードも駆使してポイントをためるのもクレジットカードの醍醐味なので、ポイント還元率が高いカードを希望するならデビットカードはやや不利といえます。

    筆者
    編集部
    一方、高校生にキャッシュレス決済を持たせたい!といった場合はデビットカードなら持たせてあげることもできます。

    デビットカードはクレヒスが付かない

    デビットカードのデメリットの一つに「クレヒスが付かない」というものがあります。

    クレジットヒストリー(クレヒス)とはクレジットカードやカードローンを申込・利用履歴のことで、延滞などのトラブルなくきちんと支払っていれば「良い利用者」としての実績が積まれていきます。

    筆者
    編集部
    クレジットカードの審査でカード会社は必ず申込者のクレヒスを参照します。

    クレヒスが悪い(延滞などを繰り返している)のはもちろん、クレヒスがない(クレジットカードやローンの利用歴がない)というのも問題です。

    なぜなら、クレヒスがないと「この人はちゃんと借りたお金を返せる人なのか?信用できるかな?」を見るための参考データがないため、カード会社や消費者金融側はお金を貸すのに慎重になってしまうからです。

    デビットカードはクレヒスが付かないため、近い将来ローンを組む予定の方でまだカードやローンの実績がない方はクレジットカードを発行する方がベターといえるかもしれません。

    デビットカードの作り方と使い方

    デビットカードの「作り方」と「使い方」を解説します。

    デビットカードの作り方

    デビットカードは「インターネット」「銀行窓口」「郵送」のいずれかの方法で申込・作成できます。

    インターネットは「公式サイト」や「銀行アプリ」などから申込可能です。

    銀行窓口でも申込可能で、普通口座を解説したタイミングなどにあわせてデビットカードを作る方も多いようです。

    参考>>クレジットカードの作り方は?

    デビットカードは2種類から選んで作る

    なお、デビットカードは「J-Debit」と「ブランドデビット」と呼ばれる2種類のカードがあります。

    デビットカード申し込み時に2種類から選んで作ります。

    J-Debit
    • キャッシュカードをデビットカードとして使える
    • 対象のJ-Debit加盟店で幅広く使える
    • ネットショッピングはできない
    ブランドデビット
    • クレカのVisaやJCBと同じく国際ブランドを付けられる
    • 海外でも使える
    • ネットショッピングもOk

    J-Debitは日本電子決済推進機構が提供する決済サービスで、J-Debitマークがあるお店にて使えます。

    ブランドデビットはVisaJCBといったクレジットカードでもおなじみの国際ブランド加盟店で使え、海外やネットショッピングでも決済できるのが特徴です。

    どちらを選んでも「指定の銀行口座から即時引き落とし」というデビットカードの機能は変わりません。

    筆者
    編集部
    こだわりがなければ世界中で使えるブランドデビットの方が使いやすいですね!

    デビットカードの使い方

    デビットカードの使い方はシンプルで、実店舗では「デビットカードで」と伝えて端末差し込み(必要あれば暗証番号の入力やサイン)をするだけで、クレジットカードとほぼ同じです。

    タッチ決済に対応しているデビットカードなら端末にタッチするだけでも使えます。

    ネットショッピングでは「クレジットカード」の項目を選んでデビットカード番号を入力すると使えるケースが多いです。

    いずれにしても「銀行口座に残高がない(または足りない)場合はエラーになって決済できない」「J-Debitや各種国際ブランドに対応していないお店では使えない」ので注意しましょう。

    クレジットカードとデビットカードの違い

    クレカとデビットカードの違い

    デビットカードは「即時引き落とし」「原則審査が不要」という点がクレジットカードとの大きな違いです。

    筆者
    編集部
    他にもポイント還元率は基本的にクレジットカードの方が有利という違いもあります。

    決済方法が異なる

    クレジットカードは後払い方式となるため、契約をしている利用限度額に応じて決済を行うことができます。

    参考>>クレジットカードの利用限度額とは?勝手に上がる理由や超えた時の対策!

    デビットカードは即時引き落とし方式のため、登録されている銀行口座に入っている金額までしか利用できませんが使いすぎのリスクは大幅に減らせられます。

    デビットカードであれば、口座の金額を超えて決済ができないため、借金をすることなく安全だといえます。

    審査の方法が違う

    クレジットカードの審査は収入、職業、今までのクレジットカード使用履歴(クレヒス)によっては、申込時に審査に落とされることもあります。

    一方でデビットカードの場合は、登録している銀行口座の残高以上の決済ができないため、審査にも通りやすくなっています。

    カードの発行可能年齢が異なる

    クレジットカードはステータスが比較的低いカードであっても18歳以上で自分や配偶者に返済能力がある人でなければ、審査に通らない可能性がありますし、原則高校生は発行不可となっています。

    一方、デビットカードの場合、18歳以下の高校生(15歳以上)であったとしても、保護者の同意さえあれば原則発行が可能です。

    参考>>学生が作れるクレジットカードは?

    ポイントの還元率はクレジットカードの方が有利

    クレジットカードとデビットカードを比較した場合。平均するとクレジットカードの方がポイントの還元率が高い傾向があります。

    還元率の高さを求めるなら、クレジットカードの方がおすすめです。

    なお、2023年3月にリリースされた三井住友グループの「Olive(オリーブ)」はクレジット・デビット両方を1枚で使い分けられるため、両方持ちたい(使い分けたい)という方は検討してみても良いでしょう。

    デビットカードのQ&A

    デビットカードは分割払いできる?

    デビットカードは一括払いのみとなっています。

    指定した銀行口座から即引き落としされて支払う方式なので、後払いのクレジットカードのような分割払い・リボ払いはできません。

    学生でもデビットカードは使える?

    はい、中学生を除く15歳以上からデビットカードは持てます!

    大学生はもちろん、クレジットカードを原則持てない高校生でも使えます。

    デビットカードが使えるお店はどうわかる?

    J-Debitのデビットカードの場合はJ-Debitマークのあるお店で使えます。

    VisaやJCBなど「ブランドデビット」をお持ちの場合は、クレジットカード同様に各国際ブランドのマークがあれば使えます。

    ブランドデビットなら海外やネットショッピングでも使えることが多いため、こだわりがなければブランドデビットを持つ方が便利です。

     当サイトでは「金融庁:登録等を受けている業者一覧」に掲載されている会社が発行または提携しているクレジットカードのみをご紹介しております。

    【著者情報】

    みんかぶ編集室(クレカチーム)
    クレカチームではメンバーで延べ20枚以上のクレジットカードを発行し、日々お得な使い方やおすすめのカードを調査研究しています。 「節約・ポイ活」始め、皆様のキャッシュレス生活が豊かになる情報を発信していきます。

    【掲載情報について】
    当サイトに掲載されている情報・ランキング等は、各金融機関の公式サイトの掲載情報や、実際の関連資料の調査、クレジットカード利用者へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性、最新性、完全性を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの掲載情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。クレジットカードお申込み・契約に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 最新情報は各金融機関の公式サイトにてご確認ください。 『MINKABU(みんかぶ)』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。コンテンツ内にはプロモーションが含まれております。

    【ランキング根拠について】
    クレジットカードに関するランキングは、カード会社の公式サイトの掲載情報や第三者へのアンケート及び口コミ調査に基づき作成しています。クレジットカードのポイント還元率や年会費等の基準となる項目を記事ごとに独自に数値化し、総合的に算定しています。また、クレジットカード会社の公式サイト以外にも金融庁、一般社団法人クレジット協会等の関連資料を参照することで、より正確性が高い情報の提供に努めています。

    【当サイトについて】
    当サイトはクレジットカードに関する情報の提供を目的とするものであり、投資やクレジット契約・ローン契約の勧誘・斡旋を目的とするものではありません。

    MINKABU THE INFONOIDO

    (C) MINKABU THE INFONOID, Inc.