著者:みんかぶ編集室 
PR
当サイトは複数企業と提携して情報発信しており、記事で紹介した商品・サービスの申込みがあった場合、各企業から報酬を受け取ることがあります。 ただしランキングやサービスの内容は報酬の有無に関係なく、中立的な評価を行います。 なお、当サイトで得た報酬はユーザ皆さまの役に立つ有益なコンテンツ制作や情報の品質向上等に還元いたします。

リクルートカードの特徴・メリット&デメリット|1.2%の高還元率でPonta・dポイントユーザーにもおすすめ!

「ポイントがお得なクレジットカードと保険が優れたカードを使い分けるのがめんどくさい…」と思ったことはありませんか?

リクルートカードは1枚で年会費無料・高還元率・抜群の付帯保険の3拍子そろったカードです。

年会費は家族カード含めて永年無料、「通常還元率は基本1.2%」「貯まったポイントをdポイント・Pontaに交換できる」など使い勝手も優れており、キャッシュレス初心者にもおすすめのクレジットカードとして人気です。

編集部
「還元率も保険も1枚でどうにかしたい!」という方にぴったり!
おすすめ評価ポイント
  1. 年会費無料で「高還元率」と「付帯保険」が両立!
  2. 還元率は基本1.2%!
  3. 貯まったポイントの使いやすさもgood
  4. 海外・国内・ショッピングの保険付帯!

リクルートカードの詳細
年会費
(税込)
永年無料
家族:無料
ETC:無料
※発行手数料1,100円
申込条件 高校生を除く18歳以上
発行日数 1~2週間程度
電子マネー
スマホ決済
Apple pay
GooglePayなど
国際ブランド visaのマーク masterのマーク JCBのマーク
付帯保険 海外:最高2,000万円
国内:最高1,000万円
ショッピング:最高200万円
ポイント 付与:毎月利用額の1.2%
※小数点第1位以下切り捨て
還元率:1.2%
(特約店などで3.2%以上)
2022年2月16日以降JCBブランドのnanaco・モバイルSuicaは0.75%
有効期限:最後のポイント加算日から1年
ポイント使い道 Ponta交換
dポイント交換

リクルートカード:評価のポイント/メリット

1基本の還元率が1.2%!

リクルートカードの還元率

リクルートカードは基本還元率が1.2%(業界最高峰)と高還元率なのが大きな特徴です。

一部電子マネーチャージなどを除いて、いつでもどこでも還元率1.2%はクレカ業界でも類を見ないポイント還元!(*1)


編集部
特約店などでは1.5%以上超える還元率のカードもありますが、通常利用ではリクルートカードは最高レベルの高還元!

参考:リクルートカード(1.2%)と一般的なクレカ(0.5%)でどれくらい違うの?

参考までに、「リクルートカード」と「一般的な0.5%還元のクレカ」ではどの程度ポイント還元に差が出るかシミュレーションしてみます!

  • 1ヶ月間カードを使った場合のポイント差を比較

  • 一人暮らし独身男性(20~30代)を想定・特約店等は考慮しない

  • 「0.5%クレカ」は特定のカードを指すものではありません
  • 20代ビジネスマンの1ヶ月の支出
    支出 リクルートカード
    (1.2%)
    一般的なクレカ
    (0.5%)
    家賃
    70,000円
    840ポイント 350ポイント
    光熱費
    16,000円
    192ポイント 80ポイント
    日用品
    14,000円
    168ポイント 70ポイント
    飲み会
    16,000円
    ※4,000円×4回
    192ポイント 80ポイント
    ランチ
    10,000円
    ※500円×20日
    120ポイント 50ポイント
    趣味
    10,000円
    120ポイント 50ポイント
    雑費
    4,000円
    48ポイント 20ポイント
    合計
    140,000円
    1,680ポイント 700ポイント
    編集部
    家賃や光熱費も還元率1.2%!
    上記の例では日々の支払いをリクルートカードに変えるだけで2.4倍ものポイント差が生じました!

     注意事項・補足
    • ※注1:2022年2月16日以降JCBブランドのnanaco・モバイルSuicaチャージの還元率は0.75%に変更

    2リクルートサービスでは還元率3.2%以上に

    リクルートカードサービス

    リクルートカードは自社(リクルート)のサービスではさらに還元率がアップ(※)します!

     注意事項・補足
    • ※:各サービスともリクルートカード分(1.2%)+他社ポイント合算値
    • 他社サービスは「dポイント」と「Pontaポイント」どちらかを選択・連携
    • じゃらんnetは「他社ポイント」+「じゃらん限定ポイント」となります
    リクルートサービス一覧
    ※いずれもリクルートポイント(1.2%)+他社ポイントの合算

    「ポンパレモール」で還元率4.2%!

    ポンパレモール

    リクルート自社の「ポンパレモール」では、リクルートカード+ポンパレモール独自のポイント還元=合計4.2%もの高還元に!

    ポンパレモール還元
    編集部
    Amazonや楽天市場のような知名度はないですが、ファッション、家具家電、本やDVDなど品ぞろえも豊富です!

    「じゃらん」で還元率3.2%!

    じゃらん

    じゃらんを使ってホテルや旅館を予約するとポイント還元率が3.2%(※)になります!

    じゃらん還元
     注意事項・補足

    ※じゃらんnetの場合、他社ポイントは「Pontaまたはdポイント(1%)」+「じゃらん限定ポイント(1%)」の合計2%です

    リクルートカードは「海外旅行保険・国内旅行保険」両方付帯(※)していますので、じゃらん経由でホテルやパッケージ(飛行機+ホテル)を予約・支払いをすればポイント還元+旅行保険適用ダブルメリットがありますね

     注意事項・補足

    ※リクルートカードの旅行保険は利用付帯ですので、事前にお支払いが必要です。
    適用条件は改めて旅行前に公式サイトなどでご確認ください

    ホットペッパー(グルメ・ビューティー)でも還元率3.2%!

    ホットペッパービューティー

    ホットペッパー(ビューティー・グルメ)も事前予約など条件達成で「リクルートポイント(1.2%)+他社ポイント(2%)」の還元率になります!

    例えばカット・カラーで1万円の場合、ホットペッパービューティー+リクルートカードで320円分のポイント還元が受けられます。

    特に美容室によく通う方にとって、3.2%の還元のありなしでは年間でかなり大きなポイント差となります!

    編集部
    仮に1年間で10万円美容室に使った場合、リクルートカード+ホットペッパーで3,200円分ものポイントバックです!

    ホットペッパーグルメも「ホットペッパーお食事券の事前購入3.2%還元」「ホットペッパーグルメで飲食店を予約で人数分×50ポイント」など、特に幹事をやる方にとってはおいしいポイント還元があります。

    ホットペッパーグルメ
    リクルートカード還元率まとめ
    • 基本還元率が1.2%でどこのお店でもお得!
    • 自社通販「ポンパレモール」で還元率4.2%
    • じゃらん、ホットペッパーも3.2%の高還元

    3貯まったポイントはPonta・dポイントに即時交換

    リクルートポイントの交換

    「基本還元率が1.2%」で加えて「対象リクルートサービスでは還元率3.2%以上(条件有)」とポイントが何かと貯まりやすいリクルートカード!

    リクルートカードがさらに使いやすいといえる理由は「貯まったポイントをPontaポイント・dポイントに即時交換できること」があげられます。

    編集部
    1ポイント→1ポイントの等価レートで交換可能!

    Pontaポイント・dポイントは「共通ポイント」と呼ばれ、たくさんのお店で貯めたり使ったりできるのが便利で人気の理由です!

    主なPontaポイントカード加盟店
    ジャンル 店舗
    コンビニ
    スーパー
    ドラッグストア
    百貨店
    ローソン
    ローソンストア100
    ライフ
    トモズ
    高島屋
    サニーマート
    レジャー・旅行 じゃらん
    日本航空
    京阪グループホテル
    ルートインホテルズ
    ローソントラベル
    グルメ・飲食 ケンタッキーフライドチキン
    ホットペッパーグルメ
    レンタカー
    ガソリンスタンド
    駐車場
    出光
    apollostation
    シェル
    じゃらんレンタカー
    ライフスタイル ジュンク堂
    HMV
    ゲオ
    ジョーシン

    調査日:2022年10月5日
    Ponta公式サイトから取得

    dポイント加盟店の例
    ジャンル お店
    飲食店・カフェ マクドナルド
    すき家
    はま寿司
    ミスタードーナツ
    モスバーガー
    ガストなど多数
    コンビニ ファミリーマート
    ローソン
    スリーエイト
    ポプラなど
    ドラッグストア マツモトキヨシ
    新生堂
    クスリのアオキ
    ココカラファインなど
    ファッション
    スポーツ
    武田メガネ
    洋服の青山
    グローバルワーク
    スーツセレクト
    KAMOなど
    家電 ビックカメラ
    ジョーシン
    コジマ
    ノジマ
    エディオンなど
    ガソリンスタンド コスモ石油など
    その他 ジュンク堂書店
    タワーレコード
    ビッグエコーなど

    ・調査方法:公式サイトより
    ・調査日:2022年11月4日

    編集部
    Pontaポイント・dポイントは1ポイント=1円で現金のように使えます!
    ポイントでご飯を食べたり本を買ったり…いろいろな使い道があります

    Pontaポイント・dポイント交換以外にも「ポンパレモール」「じゃらん」「ホットペッパー」などで使うことも可能です!


    4年会費無料なのに海外旅行保険・国内旅行保険付き

    リクルートカードは「年会費無料ながら3つの付帯保険を兼ね備えた」高スペックなクレジットカードです!

    リクルートカードの付帯保険(JCB)
    海外旅行傷害保険
    (利用付帯)
    死亡・後遺障害:最高2,000万円
    疫病・障害治療:最高100万円
    賠償責任:最高2,000万円
    携行品損害:1旅行最高20万円
    ※保険期間内限度100万円
    救援費用等:最高100万円
    国内旅行傷害保険
    (利用付帯)
    死亡・後遺障害:最高1,000万円
    ショッピング保険 200万円
    編集部
    3つも付帯保険がついている一般カードは珍しいです!


    リクルートカード:デメリット

    リクルートカードは、業界最高レベルの基本ポイント還元率で、さらに年会費も無料という魅力的なクレジットカードですが、念の為確認しておきたいデメリットもあります。

    リクルートカードのデメリット

    1ポイント有効期限が1年と短い

    リクルートカードはポイントの有効期限が1年と少々短めの設定になっています。

    ただ、リクルートポイントを即時に等価交換できるPontaポイントに交換すると、Pontaポイントの有効期限は「最後にポイント加算、または利用した日から1年間」なので、実質無期限のポイントになります。

    2ETCカードの発行費が必要(税込1,100円)

    リクルートカードは、ETCカードの新規発行手数料が1,100円(税込)必要です。※年会費は無料

    ただし、JCBブランドなら、ETCカードの新規発行手数料・年会費共に無料です。

    リクルートカードはお得な入会キャンペーン実施中!

    リクルートカードは新規入会でお得なキャンペーンも実施中です!

    なお、キャンペーンは「JCBブランドのみ」の実施です。

    リクルートカードのキャンペーン
    • 新規入会&利用で最大6,000円相当プレゼント!(JCBブランド限定)
    編集部
    入会・初回利用だけで2,000ポイントもらえる!

    会社概要

    会社データ

    会社概要
    会社名 株式会社リクルートホールディングス
    設立年月 1963年8月26日
    本社所在地 東京都千代田区丸の内1-9-2
    公式URL https://recruit-holdings.co.jp/
     注意事項・補足
    • リクルートカードの発行はVisa・Mastercardは三菱UFJニコス、JCBはジェーシービーです

    リクルートカードに関するQ&A

    リクルートカードのメリット・デメリットは?

    リクルートカードには以下のようなメリット・デメリットがあげられます。

    リクルートカードのメリット

    • 基本還元率1.2%なのでポイントが貯まりやすい
    • 貯まったポイントがPonta・dポイントに即時交換できる
    • 年会費無料で3つの付帯保険

    リクルートカードのデメリット

    • ポイント有効期限が1年と短い
    • ETCカードの発行費が必要(税込1,100円)
    リクルートカードは年会費無料ながら「還元率」と「付帯保険」が両立しているのが魅力的です!

    リクルートカードはどんな人におすすめですか?

    リクルートカードは「ポイントも保険も1枚にまとめたい」という方におすすめです!

    年会費無料カードながら国内旅行保険まで付いていますし、基本還元率が1.2%は業界トップクラスの高還元です。

    お得なカードと旅行保険付きカードを使い分けたり複数枚持つのが面倒…という方にもおすすめ!

    リクルートカードでdポイントが貯まるようになったのですか?

    リクルートカードでdポイントが貯まるようになったわけではなくリクルートポイントがdポイントと交換可能になりました。

    リクルートカードで貯まるのはあくまでもリクルートポイントですが、従来のPontaポイントに加えてdポイントとも即時交換できます。

    ポンパレモール、じゃらんなどリクルート関連サービスではdポイント・Pontaポイント好きな方を貯められます(連携可能)。

    リクルートカードはnanacoチャージできますか?

    2020年3月12日以降にリクルートカードを発行した方は、直接のnanacoチャージができません(Apple Pay経由なら可)。

    現在Apple Payを経由せずにnanacoチャージができるカードは「セブンカード」シリーズだけとなっています。

    リクルートカードの締め日を教えてください

    リクルートカードは15日締め・翌月10日引き落としとなっています!
     注意事項・補足
    • ※注1:2022年2月16日以降JCBブランドのnanaco・モバイルSuicaチャージの還元率は0.75%に変更

    【著者情報】

    みんかぶ編集室(クレカチーム)
    クレカチームではメンバーで延べ20枚以上のクレジットカードを発行し、日々お得な使い方やおすすめのカードを調査研究しています。 「節約・ポイ活」始め、皆様のキャッシュレス生活が豊かになる情報を発信していきます。

    【掲載情報について】
    当サイトに掲載されている情報・ランキング等は、各金融機関の公式サイトの掲載情報や、実際の関連資料の調査、クレジットカード利用者へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性、最新性、完全性を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの掲載情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。クレジットカードお申込み・契約に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 最新情報は各金融機関の公式サイトにてご確認ください。 『MINKABU(みんかぶ)』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。コンテンツ内にはプロモーションが含まれております。

    【ランキング根拠について】
    クレジットカードに関するランキングは、カード会社の公式サイトの掲載情報や第三者へのアンケート及び口コミ調査に基づき作成しています。クレジットカードのポイント還元率や年会費等の基準となる項目を記事ごとに独自に数値化し、総合的に算定しています。また、クレジットカード会社の公式サイト以外にも金融庁、一般社団法人クレジット協会等の関連資料を参照することで、より正確性が高い情報の提供に努めています。

    【当サイトについて】
    当サイトはクレジットカードに関する情報の提供を目的とするものであり、投資やクレジット契約・ローン契約の勧誘・斡旋を目的とするものではありません。

    MINKABU THE INFONOIDO

    (C) MINKABU THE INFONOID, Inc.