ニュース

ライクが大幅3日続伸、18年5月期2ケタ営業増益予想と1対2株の株式分割など好感

96f882dc9
 ライク<2462.T>が大幅3日続伸。前週末14日の取引終了後に発表した18年5月期の連結業績予想で、売上高470億円(前期比17.3%増)、営業利益17億8000万円(同16.7%増)、純利益14億円(同72.8%増)と2ケタ営業増益を見込んでいることが好感されている。

 人手不足を背景に総合人材サービス事業の伸長が見込まれるほか、子育て支援サービスの収益力改善や介護関連サービス事業の強化を図り、業績拡大を目指すとしている。

 なお、17年5月期決算は、売上高400億5100万円(前の期比25.8%増)、営業利益15億2400万円(同59.9%増)、純利益8億1000万円(同54.9%減)だった。

 同時に、8月31日を基準日として、1対2株の株式分割を実施すると発表しており、これも好材料視されているようだ。投資単位当たりの金額を引き下げることで、株式の流動性の向上を図ることが目的という。なお、今期の配当は中間・期末各10円の年20円を予定しており、前期実績の36円に対して実質増配となる見込みだ。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)
おすすめの記事
minkabu PRESS