ニュース

株価は目先の天井形成?それともまだ上がる?【2017/07/10-07/14】

戻り売りかリバウンド狙い戦略で

日経平均株価は7月7日金曜日、1万9,929.09円で取引を終えました。
前回「目先の天井を打った可能性もしくはそろそろ天井を打つ可能性を考慮」と解説しました。
株価は想定レンジ内で動いた一週間でした。

米国の株式市場は小動きが続きました。
ドル円は小動きでしたが円売りが進みました。

気になるのは、日経平均株価の今後の動きです。

株価チャートを見る限りでは、短期トレンドの下値支持線を割り込み、トレンドが転換しました。
短期的なレンジの上値は2万0,100円、下値は1万9,450円、それぞれプラスマイナス250円とします。
目先の天井を打った可能性が高くなりました。下値支持線を割り込みましたので、しばらくは戻り売りか、リバウンド狙いの短期売買に徹した方がよいでしょう。
夏休み期間の株式市場は経験則的に閑散としがちで、その場合、無理に取引する必要はありません。今後はトレンド転換のタイミングを狙ったトレンドフォロー戦略でよいでしょう。

F2966b44c

横山利香 (よこやまりか)

認定テクニカルアナリスト(CFTe)
配信元:達人の予想