ニュース

[5月19日版]【大幅安となる】日本株急落、これは暴落の予兆か?

【日本株急落、これは暴落の予兆か?】

5月18日の日経平均は大幅安となり、1日を終えました。

東証一部の業種別で見ると、
全33業種中値上がりしたのは29業種となり、
値下がりした4業種となりました。

また、日経平均は前日比261円2銭安となりました。

トランプ大統領の政策運営に対する
不安感が急激につよまったことにより、

17日夜のNYダウは今年1番の下落幅に。

これが売り材料となり、
日本株市場も大幅下落となりました。

また、それに加えて、
「円高」が進行し、これが逆風となって、
日本株市場が下落する展開に。

一時は1ドル=114円台にまで進行した円安も、
今では1ドル=110円台にまで逆戻りしてしまいました。

これは日本株市場にとっても悪材料。

そう考えると、これからの日本株は、
上値が重たくなってくる状況が想定できるでしょう。

場合によっては、暴落につながる恐れもありますので、
その可能性には注意しておきたい所です。

相場の上昇があまり期待できない今の状況では、

これまで値上がりしてきた株ほど、
利益確定のために売られやすいと考えられます。

よって、こういった銘柄には、注意しておく必要があるでしょう。

ちなみに、ここ1ヶ月で堅調な業種は、以下の3業種です。

【ここ1ヶ月で堅調な業種別株価指数】
◯ その他製品(前月比+11.21%)
◯ 建設業(同+9.48%)
◯ 電気機器(同+9.19%)

以上の3業種については、
ここ1カ月で大きく上昇してきているため、
短期的には利益確定されやすいと考えられます。

短期的な反落には要注意です。

5月18日19時47分現在でCME日経平均先物は対日経平均比-244円。
相変わらず、かなり弱気な動きを続けています。

何らかの買い手がかりが出ない限り、上昇は難しいかもしれません。
この流れのまま、相場全体は下落へと動きそうです。

急落する可能性も踏まえ、
今のところは、あまり資金を投入せず、様子見したいところ。

5月19日のスタンスとしては、【大幅安になる】と弱気で臨みます。

75d505105

中原良太 (なかはらりょうた)

株式会社テラス システムトレード開発者
配信元:達人の予想