収益性
0
活発度
0
人気度
50
収益量
0
投稿量
0
注目度
0

unle-takaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ679件目 / 全1636件次へ »

認識の違いと待つことの意義


急落があったから、急騰があるというのは私としては認識の違いにもよるが、間違った説明だと思う。

実際に売買していれば分かるように、値幅と値幅の割合、そして指数と指数の割合を考えれば

指数が14500円の時の500円上げ、と6500円のときの500円上げでは%として違う、しかし実際に売買するのは
実数であり、%ではない。

急騰という意味もあいまいでしかないが、450円だったものが 150円になりそれが急騰したとしても200円、
絶対直ぐに急騰して450円にはならない。下げてきた相場変遷があり、時間があるはず。

だから、反発はあっても、それは相場にならずに単なる反発、ある程度の時間がなければ落ち着かないし

一旦は底をついてもそれなりの戻り相場をして、再度2番底を確認できなければ大きな相場などこないのだろう。


そう思うと売買は最低限の数量と時間で値幅取りに徹する意外当面ないのではないか。



  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2008/10/28(10:42)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。