tetsuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2206件目 / 全2589件次へ »

【メモ】10月7日(火) 底は見えたか?

4295d2123 

日経平均株価 10,155.90 -317.19 -3.03%
先物1限月/大証 10,210 -240 -2.29%
TOPIX東証株価指数 977.61 -21.44 -2.15%
先物1限月/東証 981 -15 -1.50%
日経JASDAQ平均 1,127.83 -51.77 -4.39%
東証マザーズ指数 304.07 -16.52 -5.15%
ヘラクレス指数 495.16 -21.63 -4.19%
東証大型株(TOPIX 100) 1,026.52 -20.9 -2.00%
東証中型株(TOPIX Mid 400) 997.68 -22.96 -2.25%
東証小型株(TOPIX ●●all) 1,250.00 -37.47 -2.91%
売買高(百万株) 2,965.13
売買代金(億円) 25,271.21
売買単価 852.30
値上がり銘柄数 315.00
値下がり銘柄数 1,356
変わらず銘柄数 42.00
比較不可銘柄数 0.00
年初来高値更新銘柄数 4.00
年初来安値更新銘柄数 1,275
配当利回り(%)(単純平均) 2.38
国債指標利回り 1.44 +0.065
騰落レシオ 55.87
サイコロジカル(12日間) 5勝7敗 勝率41%
RSI(日経平均) 27.31
RSI(TOPIX) 27.99

・今晩のアメリカではFOMC議事録(9月16日)が公表。
・明日は国内の9月景気ウォッチャー調査(内閣府)が公表。

・年初来安値を更新した銘柄は昨日を上回り1,275に。

・大証:日経平均先物の出来高が最高に、27万2766枚-ヘッジ目的売り。(ブルームバーグ)

・内閣府が7日発表した8月の景気動向指数(速報値、05年=100)は、景気の現状を示す一致指数が前月比2.8ポイント低下の100.7となった。低下は2カ月ぶりで、低下幅はデータのある1980年以降で最大だった。一致指数の水準は05年10月(100.5)以来、約3年ぶりの低さ。世界経済の減速で輸出が低迷し、日本の景気が後退色を強めていることがあらためて浮き彫りになった。(共同通信)

・日銀は6日、7日の金融政策決定会合で、金融市場調節方針について、無担保コールレート翌日物を0.5%前後で推移するよう促すとの判断を維持することを全員一致で決定した。金融政策運営について「経済・物価の見通しとその蓋然(がいぜん)性、上下両方向のリスク要因を丹念に点検しながら、それらに応じて機動的に行っていく」とした。さらに「米欧の金融機関の破たんなどを背景に国際金融資本市場の緊張が強まっている」との認識を示した。背景となる景気認識について、景気は原材料価格高や輸出の増勢鈍化などを背景に「停滞している」としながらも、「当面、海外経済の減速が明確化するもとで、こうした状態が続く可能性が高い」として、停滞が長引くとの認識を新たに示した。先行きについては「次第に緩やかな成長経路に復していくと予想される」との見方を維持しつつも、「不確実性が大きい」との文言を付け加えた。(ロイター)

・原油価格の急落でOPECの次回12月の会合の場で減産が協議されるようですね。

・ゼンショーが展開する牛丼屋チェーン「すき家」の国内店舗数が9月末で1,087店と、吉野家HDが展開する「吉野家」の同1,077店を逆転したと報道された。単独店舗数では吉野家HDを抜いてトップに躍り出たことになる。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    メモ
登録日時:2008/10/07(19:39)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。