収益性
0
活発度
0
人気度
51
収益量
0
投稿量
70
注目度
49

映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ852件目 / 全1052件次へ »
ブログ

金融安定化策否決 NYダウ暴落

29日のNYダウは10365.45(‐777.68)と過去最大の暴落。年初来安値を更新。金融安定化策を大方の予想に反して下院が否決。金融恐慌を避けるために作られたはずの対策が水泡に帰した。安値を一気に更新しているので、当面は下値のめどがたたない状況である。為替も一気にドル安に動いており現在104円ぎりぎり。さらにドル安円高に動いていく可能性がある。昨日の日経平均は金融安定化策の先行きに不安で、149円安で終わったが、NYの暴落、円高を受けてさらにつらい展開になりそうだ。
政府の経済への介入を嫌う市場原理主義的な発想が共和党に強いのは承知していたが、大統領や上下両院の議会指導者の合意にもかかわらず、金融安定化策が否決されるというのは、まったく想定外の事態。不明を恥じる。政治には「まさか」という坂があるといったのは小泉首相だが、これをあらためて思い知らされた。だが大もうけした金融街を救うのが正義に反するという主義主張はごもっともだが、それがどんな結果をもたらすか、理解できているとは思えない行動である。金融システムを救うという責務を放棄した形で、アメリカの政治システム全体への世界的な信用を毀損してしまった。おおげさに言うと、基軸通貨としてのドルの終焉につながりかねないとおもえる愚行だと思うが、どうだろうか。
 当面リスク回避で金債権に資金が向かうことになろう。しかしイギリスで銀行の破綻も続いており、銀行間の信用が崩壊して、銀行間の短期資金調達が停止してしまわないか、強く懸念される。いずれにせよなんらかのしっかりした金融安定化策ができなければ、内容の悪い金融機関がすべて破綻し市場から退場するまで、暴風雨がふきあれそうだ。結局、銀行の国有化など一層の政府介入をせざるをえなくなることも考えられるが、この事態から見ると、相当な期間が必要かもしれない。アメリカの良識と知恵にすがりたい思いだ。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

2件のコメントがあります
  • イメージ
    おはようございます。コヨーテです
    うーん…困った事になりました 225で買いから入って昨日追証が発生してしまったばかりなのに…
    今日どうすればいいですかね…
  • イメージ
    あれあれ、これはつらいですね。基本的には日足週足月足ともトレンドはまだ下降中ですので、どこまで下げるか予測は困難ですかね。もしさらに買ってコストを下げるととしても、下げ止まりをきちんと確認しないとこわいですね。
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。