収益性
0
活発度
48
人気度
51
収益量
0
投稿量
70
注目度
52

映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ865件目 / 全1051件次へ »

NY反発だがリーマンへの不安残る

10日のNYダウは、11268.92(+38.19)と小幅の反発。リーマンをめぐる懸念が先行きにのしかかっているようだ。水準としては依然基準線、転換線、雲の下であるが、5日の下値を割ってくる感じではない。ボリンジャーバンドは横向き平行であるが、マイナス2σ付近に位置しており、目先よわ含みだが、はっきりした方向はでていない。週足の一目均衡は、転換線基準線は横向きでボリンジャーは狭まっているが、月足の方はまだ転換線が下降、下に広がっているので、長中期の方向感もいまひとつはっきいしない。
 一方10日の日経平均は、12346.63円(54.02円安)。リーマンの行方をめぐって、売り買いが交錯、安値は12159と9月5日の安値12163を切ったが、終値は昨日の安値12335をわずかに上回るという気迷い気分を表したような動きである。とはいえ、日足でも基準線、転換線の下、ボリンジャーバンドでみても、下に広がるバンドのマイナス2σのわずか上に位置しており、目先はまだ下げそうな形になってしまっている。ただ月足のRCIは依然上昇しており、ボリンジャーのバンドが急速にせばまっていて転換が近いことを示唆しているようにみえる。短期中期は不透明だが、ここ数ヶ月で底を形成することを期待したいところだ。
 リーマンなどについてはさらに悪い材料がでてくれば、政府は何らかの対応を迫られよう。民間に援助するのに共和党には拒否感があるはずだが、そうもいっていられない状況になるのではないか。対策がでてくるところで、NYも東京も二番底を固められるのではなかろうか。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2008/09/11(07:26)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。