天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ147件目 / 全3483件次へ »

2016年5月13日(記録のみ)

日経平均 ; 16412.21 (-234.13)
TOPIX ; 1320.19 (-17.08)
JASDAQ指数 ; 2525.41 (-0.13)
マザーズ  ; 1207.02 (+8.60)

本日も記録のみ。日経平均は5日ぶり反落。まあ当分は15,000円台から16,000円台を行ったり来たりなのかなという感じですかね。所有銘柄の決算も出揃ったので、週末チェックして次週に臨みたいと思います。

------------------------------

日経平均は234円安と5日ぶり大幅反落、利益確定売りに1万6500円割れ「幻のSQ」に=13日後場
5月13日(金)15時28分配信 モーニングスター

 13日後場の日経平均株価は前日比234円13銭安の1万6412円21銭と5営業日ぶりに大幅反落。終値での1万6500円割れは9日(1万6216円03銭)以来の安値水準となる。きょう算出の日経平均ミニ先物・オプション5月物SQ(特別清算指数)値1万6845円67銭に一度もタッチできず、「幻のSQ」となった。

 後場は買い物がちで始まり、午後零時48分に1万6513円23銭(前日比133円11銭安)まで下げ幅を縮めたが、その後は利益確定売りが続いた。引けにかけて再度下げ幅を広げ、午後2時59分には、この日の安値となる1万6400円87銭(前日比245円47銭安)を付ける場面があった。GLOBEXで米株価指数先物が軟調に推移していることもあり、週末要因からポジション整理売りの流れとなった。

 東証1部の出来高は25億197万株、売買代金は2兆5395億円。騰落銘柄数は値上がり410銘柄、値下がり1487銘柄、変わらず54銘柄。

 市場からは「後場は日銀のETF(上場投資信託)買いが入ったとみられるが、現物の指値注文は買いが減る一方で売りが増えており、週末で利益確定売りが勝っている。来週は決算一巡で、市場の目は伊勢志摩サミット(主要国首脳会議、26-27日開催)に向けて政府がどう動くかに向けられよう」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、日水 <1332> 、ホクト <1379> などの水産農林株が下落。国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株も売られた。ブリヂス <5108> 、洋ゴム <5105> などのゴム製品株、王子HD <3861> 、日本紙 <3863> などのパルプ紙株、三菱マテリアル <5711> 、住友鉱 <5713> などの非鉄金属株も安い。

 個別では、17年3月期は連結営業利益42.1%減を見込むミマキエンジ <6638> や、17年3月期は連結営業利益66.0%減を見込むカドカワ <9468> が大幅安。17年3月期は連結営業利益11.0%減を見込み減配予定の旭ダイヤ <6140> や、三交GHD <3232> 、Vキューブ <3681> などの下げも目立った。

 半面、17年3月期は連結営業利益5.6%増を見込み自己株式の取得・消却を発表した大日印 <7912> や、バンナムHD <7832> などのその他製品株が堅調。塩野義薬 <4507> 、参天薬 <4536> などの医薬品株も買われた。

 個別では、外資系証券が投資判断・目標株価を引き上げた日写印 <7915> がストップ高。企業再生ファンドに優先株を発行して200億円を調達するトクヤマ <4043> は値上がり率トップ。17年3月期は連結営業利益36.8%増を見込み増配予定のゴールドクレ <8871> や、ネクソン <3659> 、シンフォニア <6507> などの上げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、31業種が下落した。

------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2016/05/13(23:59)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。