収益性
0
活発度
48
人気度
51
収益量
0
投稿量
71
注目度
51

映画ずきのしんちゃんさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ30件目 / 全1054件次へ »
ブログ

どこまで下げるか

相場が下げ止まるかどうか、興味深い展開になってきたので、ブログを改めて書いて頭を整理することにした。先週末(1月15日)の日経平均は17147.11(-93.84)。日脚は転換線、基準線、雲の下。週足も雲の下。月足は基準線17418を割ったところだが、日脚、週足、月足ともパラボリックは下向き。MACDは日脚週足はマイナスを下降中。当面の問題は昨年の8月29日の16901を割り込むかどうかだが、NYの大幅下げを受けてシカゴではすでに割り込んでおり、厳しい展開。ここを割ると16400あたりまでは節らしい節がない。ただしRCIなどはマイナス90を越しており、どこかで自律反発があると思われるが、下降トレンドを反転するものにはなりそうもない。大局的にはいわゆるエリオット波動のC波にあたる状況で、アベノミクス相場は一巡したとみるのが正しそうだ。
もちろん波乱の起点は世界経済の減速の中でのFRBの利上げであり、緩和から180度のベクトルの転換が行われリスクマネーが縮小方向に向かう一方で、世界経済の先行きが中国経済の減速や原油安からみて不透明であるために、さらにリスクオフが加速しているということなのだろう。為替ではドルも相対的に強いが、円がさらに強い展開になっており、円安頼みだった日本の企業業績は、苦しくなる。現段階でPERで安いからと言っても割安とはいえずなかなか買える環境にはない。
下げ止まり反転するためには何が必要か。黒田バズーカや財政出動、果ては消費税再延期などの政策対応がきっかけになる可能性もないわけではないが、中国や原油安にはまったく効果が期待できない。FRBが利上げを見送れば見送ったで、経済の先行きの弱気ととられる可能性もある。

八方手づまりの感が強いが、こういう総悲観の状況は、底入れが近い兆候でもあるのかもしれない。しかし落ちる短剣はつかめない。値ごろでかうな、ということを肝に銘じて下げ止まりのサインがでてくるまでは、様子見が必要だろうか。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。