収益性
85
活発度
100
人気度
100
収益量
100
投稿量
100
注目度
100

yoc1234さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ15133件目 / 全15766件次へ »

名証IRエキスポ2008に見たもの。杉村富生先生

名証IRエキスポ2008に見たもの。杉村富生先生 2008年07月18日
今日は朝からJPモルガンに沸いたダウを横目に、メリルの悪い決算をぶつけられた日経平均は散々でした。朝方はみな知らないで会場でも今日はいいわねーと会話が飛んでいました。杉村富生先生の講演はベンジャミングレアム氏とバフェット氏の逆張り理論を推奨し、今みたいな時に買いましょうと言っていました。メリルとシテイをセットにして今日下げるといっていました。前回の損失もここの2社で大きく損失を出しています。今晩ダウが下げ、7月で1年ですからもう直ぐ回復するということです。原油も年金のカルパースがコモデテイから資金を引き上げてしまったので原油が下がったようだ、これも原油吊り上げの調査をすると脅され、引き上げたようです。2兆円を30倍の60兆円で穀物と原油に投資していた。米騒動がおきそうですと、笑っていましたが。そんなことは調べればわかります。処理が済んでしまったので、7月には株の下落は底打ちです。原油はデフォルトしました。非常に楽観的に見ています。これで何度痛い目にあったでしょう。最終判断は自分です。
参考
カルパース
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
カルパース(CalPERS) とは、カリフォルニア州職員退職年金基金(The California Public Employees' Retirement System)の略称。


[編集] 概要
カルパースは、アメリカ合衆国カリフォルニア州の公務員の公的年金基金である。公的年金の中では世界最大で、総資産は円換算で20兆円(2005年現在)とも言われている。

その運用姿勢は、年金基金としては異例なほど積極的であり、新興国の株式やヘッジファンドへの投資なども行っている。その資金規模と常に情勢を先取りしてきた優れた運用手法から、全世界の金融関係者から常にその動向が注目されている。
機関投資家としてのカルパースは投資先企業の経営への介入なども行う、いわゆる「もの言う株主」の代表格である。
登録日時:2008/07/18(17:41)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2008/07/18(23:22)
    yoc1234さん、こんばんは。
    杉村富生先生のお話は、辛辣な批評が面白いですね。そう言えば、今の原油高や米国金融不安、ドル安を煽ってるのは、米国自身という説も聞きました。儲けるのもいいですが、市場の自浄作用には逆らえないでしょう。
    「天神底」を視野に反発と行ってほしいものです。
    では、今週もお世話になり、ありがとうございました。よい週末をお過ごし下さいませ!(*'-')ノ~*
  •  通報する

    2008/07/18(23:42)
    Zephyrさん   こんばんは。

    年金が年金の首を絞めていたとは。

    笑えぬ話です、運用と経営は別ですが難しいですね。

    人民の敵にされてしまいました。ほんとかどうかは2、3年先にはわかるでしょう。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。